『オフショアサクラマスジギング』のキホン:専用タックルと流用タックル

『オフショアサクラマスジギング』のキホン:専用タックルと流用タックル

近年人気上昇中のオフショアサクラマスジギング。今回は専用タックルの紹介と、既存のタックルでサクラマスジギングに流用可能なタックルを取り上げてみたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

サクラマスジギングのタックル

オフショアサクラマスジギングでは、水深150m程度までの水深とそのミドルレンジをジギングで狙います。エリアによっては、狙うレンジが100mの場合もあれば、20mの場合もあります。勿論、潮がよく効く海域もあれば、そうでない場合もあります。

現状としては使用するジグウェイトは100~200gまでが一般的でしょう。サクラマスの大きさから考えれば、使用するメインラインはPEラインの1号を基準に1.5号まで。使用するリーダーはフロロカーボン製で4~6号程度を基準にすればいいでしょう。

これらの点を踏まえてロッドのパワー、リールの大きさを考慮すればいいでしょう。さらにサクラマスの特性を踏まえた上でタックルセレクトを加味すれば、より実践的なタックルの構築が可能です。

サクラマスは皮が薄く繊細、なおかつ身も軟らかいために身切れなどが原因のバラシも多いです。このことから、ロッドにはフッキングパワーは必要ないかわりに、魚の動きによく追随する柔軟なティップセクションで身切れでのバラシを少なくできるモノが理想です。

まとめると、

水深は最大150m以浅
狙うレンジは10~100m。
ジグウェイトは100~200g
メインラインはPEライン1~1.5号
ロッドティップは柔軟で身切れのバラシを低減

以上のような条件からタックルセレクトすれば間違いはないと思います。

『オフショアサクラマスジギング』のキホン:専用タックルと流用タックル人気上昇中のサクラマス(提供:TSURINEWSライター堀龍賢志)

サクラマス専用タックル

ここ数年、メーカーサイドからサクラマスジギングでの使用を前提にした商品がラインナップされてきています。その中からいくつかの商品を紹介してみたいと思います。

サクラマスジギング用ロッド

アイアンフリックQuick drive IFLB-6702QD
アイアンフリックNatural drive IFLB-6902ND

両モデルともにしなやかでフレックスに富んだデザイン。サクラマスの弾きやすいバイトも上手く乗せることが可能です。

SAKURAMAS JIG SSD
C650
C651

これらのロッドは開発段階からサクラマスジギングでの使用を考慮して製品化されたもの。しっかりとしたバットはジグの操作性に長けています。

サクラマスジギング用リール

オシアコンクエストCT300番クラス
ソルティガIC300番クラス

これらのリールはデジタルカウンター装備でミドルレンジ攻略には大きな戦力になります。

次のページでは流用可能なタックルを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。