『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロスケール」活用術

『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロスケール」活用術

マイクロスケールのはかりがある。はかり、計量器だ。ごく小さい数値まで測れるマイクロスケールはかりは、結構ライトゲームに役立つと気付いた。いろいろと用途があるのだ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

マイクロスケールはかりとは

はかりというと計量器、天秤。物の重さがわかるものだ。最近はデジタル式のものでマイクロスケール、0.1g以下の重量が見られるはかりが出てきている。私がこのたび購入したのは、0.01gまで計測可能なもの。2000円くらいで買えた。

マイクロスケールはかりでも、これから釣り用途に購入しようと思うなら、0.01g単位まで計測できるものを推奨したい。そうなるとどうしても仕様として300、500g前後までしか測れなくなるが、仕方ない。ジグヘッドやライトゲームの釣り関連物の重量は0.01g単位であることもよくあるのだ。

では、次に、マイクロスケールはかりのライトゲームにおける用途について紹介したい。

ジグヘッドの重量

ジグヘッドにはヘッドケースの中で管理していても、たまに「あれ、これ何gだっけ?」と重量がわからないものが出てくる。慣れてくると目寸でなんとなくわかるが、厳密にウェイト管理して釣り物をパターン化したいときは、「大体これくらい」ではなく「0.6gのヘッドで5カウント」というような捉え方をしたい。だからヘッドウェイトが曖昧では困る。

そこでマイクロスケールはかりが役立つ。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロスケール」活用術ジグヘッド重量を測るのにいい(提供:TSURINEWSライター井上海生)

これで、ケース内でグチャッとなってしまったヘッドもウェイト別に整列させられる。

ワームの重さなども

ワームの重さを測ることができるのもひとつのメリットというか、面白さと言えるだろう。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:「マイクロスケール」活用術ソルト入りバスワームは2inchで0.87g(提供:TSURINEWSライター井上海生)

このワーム、バスワームの2inchでソルト入りの比重が高いもの。0.87gの重さがある。これが一般のアジングワームならば、同じサイズで0.53g。1.5inchでは0.38gまで下がる。

あくまで一例だが、それくらい重さが違う。0.87~0.38というと、0.5g違うのだ。これはライトゲームアングラーならよく分かるだろうが、0.5gの違いがあると、リグの扱いがまるで別物になる。ごく単純に考えると1.5inchのアジングワームから2inchのバスワームにつけかえるならば、その差0.5gのヘッドがつくのと同義ともいえる。レンジの取り方も意識し直す必要がある。

次のページではリグの総重量について言及

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。