今だからこそ『釣りライター』になろう TSURINEWSが積極募集

今だからこそ『釣りライター』になろう TSURINEWSが積極募集

2017年4月に誕生したウェブマガジン『TSURINEWS』。月間訪問者数はここ1年で200%以上アップするなど、急成長を続けています。業界随一の全ジャンル・釣り物網羅&全国の実釣取材を軸に多様なコンテンツを配信しているからこそ伝えられる、釣りするワクワク感が満載のWEBメディアです。そんな『TSURINEWS』がライターを積極募集します!

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

今、こんな時だからこそ

緊急事態宣言およびそれに伴う外出自粛要請により、「釣り」というレジャーも大きな影響を受けています。先日、首都圏を中心とした一部の都道府県以外の緊急事態宣言は解除されたものの、多くの県でまだ「越県を伴う外出自粛」が要請されており、再開の見通しが立たない釣り場・釣り施設や、営業再開後も集客に苦戦する船宿が多々あります。

釣行についての「行動変容」は求められていても、「釣り」文化自体を衰退させるわけにはいきません。そのためには、「釣り」に関する情報を常に発信し続けなければならない。『TSURINEWS』は、そう考えます。

ただ、継続的に情報を発信するには、編集部だけでは力不足。釣りライターの方々の協力が必要です。そこで、このタイミングだからこそ積極募集を行うことにしました。

週刊つりニュースとは?

『TSURINEWS』を運営する「株式会社週刊つりニュース」は、1965年(昭和40年)から海釣り・淡水の釣りを含めた総合釣り専門紙を発行しており、最も古い関東版は今年7月で創刊55年を迎えます。現在は、東京・名古屋・大阪・北九州(福岡)の全国4拠点体制で、オンライン・オフラインを問わず、各地域の釣り情報を全国に発信しています。

ターゲットはだれ?

今だからこそ『釣りライター』になろう TSURINEWSが積極募集自宅で作業可能なWEBライター(提供:TSURINEWS編集部)

日本には多様な釣り文化があります。これを次の世代へと引き継いでいくには、経験者から初心者・未経験者への”釣りの楽しさ”の伝達が必要です。「釣り始めてみようかな」「釣りって楽しそうだな」と思うキッカケを作ることが釣りメディアとしての最大のミッションです。

誰でもライター応募可能!

オンラインでのやり取りができる環境をお持ちの方であれば、どなたでもライターへの応募は可能です。もちろん、執筆いただいた記事に対しての報酬も発生します。

未経験OK!

今までWEBライティングの経験が無い方でも安心して情報発信を行うことが出来るよう、編集部にてテーマの提供から記事の書き方までフォローします。

在宅OK!ノルマなし!

記事を書く場所には制限がありません。ご自宅でのんびりしているとき、仕掛けを沈めて魚からのアタリを待っている間、通勤・通学中にサクッと、いつでもどこでも執筆OK。月に何本などノルマは一切ないので、自分のペースで執筆することが可能です。

釣り物はなんでもOK!

船釣りから陸っぱり、キハダマグロからヘラブナ、渓流・ルアーまでなんでも構いません。あなたに合わせたテーマで情報を発信することができます。

こんな人にオススメ

「自分の記事で一人でも多くの人に笑顔になってもらいたい!」
「一人でも多くの人に釣りの楽しさを知って欲しい!」
「釣り人アルアルの不安や疑問を解消してあげたい!」
「自分のノウハウを多くの人に共有したい!」
こんな方は今すぐ『TSURINEWS』WEBライターへ!!

あなたからのご応募お待ちしています。

今だからこそ『釣りライター』になろう TSURINEWSが積極募集

<TSURINEWS編集部>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。