『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説

10月17日、タテ釣りシーズン真っ盛りの三国沖へ訪れた。午前6時半ごろ、オーナーばりの今永さんと出船。朝と夕のマヅメ時にヒラマサのラッシュが到来!好ゲストも顔出しで大盛り上がりの釣行をお届け。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

シーライオンで三国沖のタテ釣りへ

当日は、午前6時半ごろ三国沖のタテ釣り(落とし込み釣り)で出船。当日乗船したのは福井県坂井市にある九頭竜川ボートパークから出船しているシーライオン 。灼熱のハートで大型ヒラマサやモンスターマダイを追いかける猛魚キラー水口船長が舵を取る船だ。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説乗船したシーライオン (提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

一投目から青物登場

ポイント到着後、イワシ系ベイトを想定し、今永さんはハリス8号のオーナーばり「タテ釣り剛サビキ」を投入。開始早々から順調にベイトが付く。フィッシュイーターの泳層に仕掛けを落とし込むと、間髪入れず食ってきた。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説今永さんは一発目から本命(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

ピックアップ!お勧め仕掛け

カラバリ仕様のスタンダードタイプ。イワシがベイトのときなどにオススメ。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説タテ釣り剛サビキ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

朝マヅメは船中ヒラマサ連発!

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説ヒラマサに交じってヒラメも(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

船中でもバケツリレーのようにサオが曲がり、取り込まれる魚のほとんどはヒラマサだ。今年の日本海は、この魚の当たり年で、三国沖の顔になっている。

ヒラマサが連打で上がるなか、ヒラメやキジハタも加わり、乗船者は通勤ラッシュさながらの慌ただしさのなかで朝マヅメを過ごした。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説紅一点の木村さんもヒラマサを手中(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

天候に合わせた仕掛けで追釣り

その後、日が昇りきるとベイトの食いも小康状態になったが、今永さんは仕掛けを晴天時に効果的な同社の「落し込み剛サビキ/サバ皮&フラッシャー」に変更。臨機応変な対応でベイトを掛け、ヒラマサを追加した。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説仕掛け変更でヒラマサをゲット(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

他のアングラーもワラサやメタボなマダイを上げた。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説ベイトを飽食した秋のマダイは食味も抜群(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

ピックアップ!お勧め仕掛け

サバ皮とフラッシャーの反射でベイトにアピール。晴天時にお勧めの仕掛け。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説落し込み剛サビキ/サバ皮&フラッシャー(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

午後にヒラマサの「豪引」再来!

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説夕マヅメのラッシュで手中(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

そして、太陽が少し傾き始めたころ、船は大きく北へ移動。この英断が奏功し、船は大型魚に追われるウルメイワシのベイトボールをロックオン。朝のような連打に突入し、今度は帰宅ラッシュのように船上が慌ただしくなった。

最初に顔を見せたのは、サワラ一族だったが、次のアタックでヒラマサを捕捉。戦端を開いた今永さんは、移動の間に、仕掛けを「タテ釣り剛サビキ」に戻し、ハリスは一段細いものを選択していた。こうして機先を制してウルメイワシを掛け、ヒラマサの連打で当日の釣りを締めくくった。

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説再び豪引到来(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

タテ釣りはベイトや捕食者の食性に合った仕掛け選択を

『タテ釣り(落し込み)』でヒラマサラッシュ到来 仕掛け選択方法も解説ベイトを掛けた人は手を上げ、船全体で情報を共有(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

さて、多彩な大型魚が一度に狙えるタテ釣りだが、この釣りはベイトを掛けないと勝負が始まらない。さしエサは一切使わないので、ベイトの食性に、如何に仕掛けをマッチさせられるかが、勝負の行方を大きく左右するわけだ。

次のページで具体的な仕掛けの選択方法を紹介!