ティップランエギングに流用可能なタックル ライトゲームがオススメ!

ティップランエギングに流用可能なタックル ライトゲームがオススメ!

じわじわと人気上昇中のティップランエギング。通常のエギングがキャストして引いてくるのに対し、船が流されることを利用するためキャストはマストではないなどの特徴があります。専用タックルがあるとベストですが、今回は流用できる他釣り物のタックルを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・Shinchan)

Shinchan
Shinchan

Wしんちゃん代表!びわ湖のほとりに住むスクイッドアングラー!イカメタルにティップラン、年中イカ釣りを楽しんでいますがたまにライトジギングやります! メインフィールドは三重の五ヶ所湾~紀伊長島、日本海は小浜~敦賀~越前茱崎など! 釣行記に限らず様々な情報を発信出来ればと思います!

    ×閉じる

    ソルトルアー エギング&イカメタル

    ティップランエギングのロッド

    ティップランエギングの専用ロッド(釣り竿)は、アタリの取り方の特性から穂先がとても繊細なものがほとんどです。一方で、水深があるポイントでもしっかりとエギにアクションを付けなければならないため、バットはしっかりしています。

    ティップランエギングに流用可能なタックル ライトゲームがオススメ!ティプラン専用ロッドの穂先(提供:WEBライター・Shinchan)

    もちろん専用に設計されたロッドを使用するのが一番ですが、まずは手持ちのタックルを流用してティプランエギングに挑戦しようかなと考えている人もいると思います。そこで今回は、他釣り物のタックルの向き不向きを紹介します。

    アジング&メバリングロッド

    ティップランエギングに流用可能なタックル ライトゲームがオススメ!ライトゲームロッド(提供:TSURINEWS編集部)

    穂先のタイプが似ているアジングやメバリング用のライトゲームロッドは、ティップランエギングに転用することができます。ティップランエギングはその名の通りティップ、つまり穂先でアタリを取ります。ショアから狙うアジングやメバル用の穂先は柔らかく、感度の良いロッドになっているため、ティップランでも流用可能になります。

    ただし、シーズン後半の重いシンカーを多用する時期はどうしてもアジングやメバリングロッドのパワーでは力不足になり、流用は厳しくなります。

    タイラバロッド

    重たいルアーを使う事とティップの感度が良いタイラバ用のロッドも転用候補に挙がってきます。

    タイラバロッドとは

    タイラバロッドとティプランエギングロッドの一番の違いは、テーパーにあります。タイラバロッドはオフショアロッドの中では比較的柔らかく、繊細なティップを持ているレギュラーテーパになります。つまり、バッド部分から穂先にかけて円を描くように綺麗に曲がる竿です。

    ティップランエギングに流用可能なタックル ライトゲームがオススメ!タイラバロッド(提供:週刊つりニュース中部版 編集部・五井貴矢)

    一方で、ティプランエギングロッドは、その名の通り「ティップ(穂先)」によって走るようなイカのアタリを感知する釣り方を得意とする専用ロッドです。

    ティップは、イカの繊細なアタリをとれるように、柔らかく、一方でバッドはエギを跳ね上げるためにしゃっきとしています。どちらかというとファーストテーパーよりのロッドに近いのではないでしょうか。

    タイラバロッドタックルの注意点

    タイラバタックルは、もともとエギングロッドのように、しゃくる動作を考慮された設計にはなっていません。また穂先も細く繊細なものが多いので、ティップランエギングのように、勢いよくシャクルと糸がらみを起こし、穂先を追ってしまう可能性が出てきます。

    そして、タイラバロッドではベイトリールが主流で、ハイギアリールを使う場合は問題ありませんが、ローギアリールだとシャクリ幅が小さくになってしまい釣果に影響がでる可能性があります

    これらを考慮したタックルセッティングを行えば、流用は可能と言えます。

    ノーマルエギングロッド

    次に、ノーマルエギング用のロッドの流用についてです。流用は可能ではありますが、おすすめはしません。ティプランエギングロッドとノーマルエギング用のロッドには大きく分けて3つの違いがあります。

    1.ロングキャストがしやすい8ft代のロングロッド
    2.穂先が先調子でやや硬いものが多い
    3.3.5号程度エギがマックスウェイトのため、ティプランエギングのウェイトではロッドの破損する可能性がでてくる

    エギングロッド流用体験談

    ティップランエギングに流用可能なタックル ライトゲームがオススメ!穂先でアタリを取る(提供:WEBライター・Shinchan)

    筆者も三重県の島勝浦で初めてティップランを行った時は、エギング用のロングロッドにティップラン用の3号のエギを付け、見様見真似でやってみました。しかしロッドの長さがあるため船上での取り回しが悪く、アクションに至っては、エギが跳ね上がるだけでなくティップも安定せず悪戦苦闘した経験があります。

    その時は3杯釣るのが精いっぱいで、同じタックルの釣友はボウズでした。しかし同船していた方はソリッドティップを搭載したティップラン専用ロッドでアオリイカを10杯以上も釣られていて、ティップラン専用ロッドの必要性を感じずにはいられませんでした。

    流用するならライトゲームロッド!

    まずティップランを始めたいけど専用ロッドがないという方は、アジングやメバル用のロッドで試してみることをおすすめします。その後、ティップランを本格的に始めようと思えば専用のロッドを揃えると良いでしょう。

    ただ、専用に設計はされていないので、ロッドの破損にはいつも以上に気をつける必要があります。なお、最近の遊漁船ではティップラン用のレンタルタックルも用意されているところもあるので、釣行前に各船宿へ確認してみることをおすすめします。

    <Shinchan/TSURINEWS・WEBライター>

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。