今が旬!ヒイカ狙いのウルトラライトエギング入門!【初心者おススメ】

今が旬!ヒイカ狙いのウルトラライトエギング入門!【初心者おススメ】

今回はこの時期に手軽に行ける名古屋港の小さな好敵手ヒイカを狙ったウルトラライトエギングについて紹介したい。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

シーバスと入れ替わりにヒイカ

冬は名古屋港の水色も良くなる。

大型のシーバスなどが産卵で外海に出ると、それと入れ替わるようにヒイカが入ってくる。

狙いは夜の外灯周り。

寒いなんて言わずに狙ってみると結構面白い。ウルトラライトタックルで遊べるので女性や子供も一度挑戦してみてほしい。

ウルトラライトエギングタックル

今が旬!ヒイカ狙いのウルトラライトエギング入門!【初心者おススメ】タックル例

タックルはメバルやアジ用のルアータックルで十分。

ヒイカと兼用で根魚を狙うのもいいだろう。

ロッド…6~7フィートぐらいで、軽くて小さなエギを投げられそうなもの。

リール…小型の1000~2500番ぐらいで、本格的に始めたいなら軽量のものがいい。

ライン…ナイロン、フロロで0.6~0.8号ぐらいを直結する。私のお勧めは風に強いフロロカーボンラインだ。PEラインは風に弱く、冬の風が強いときは取り扱いが難しくなるが、臨機応変に使ってみよう。ルアーチェンジを簡単にしたい人は小さなスナップを使うといい。

エギ…肝心のエギだが、ヒイカの大きさに合わせた1.5~2号ぐらいの小さなエギを使う。早く沈むエギもそろえておくといいが、糸オモリを巻きつけるなど、現場でウエイトチューンも試してみてほしい。

ウエイトアップしたエギは底取りが分かりやすい。底周辺に群れているときもあるのでお忘れなく。

常夜灯周りがポイント

できれば常夜灯周りを狙いたいが、発電機を使ってポイントを作ってしまう手もある。

私は歩きながらキャストして広範囲を探って釣る。

お手軽にウオーキングもできて健康にもいい(笑)。

ヒイカエギングの釣り方

今が旬!ヒイカ狙いのウルトラライトエギング入門!【初心者おススメ】簡単に釣れてこの笑顔♪

釣り方は、照明周りや停泊船の沖を狙ってキャストし、底取りをしっかりして探る。

カウントダウンでラインがたるんで底が取れたら、軽く小さなシャクリを入れ、テンションを保ちながら底まで落としアタリを待つ。

アタリはラインが弾かれたり、底が取れたようなラインの緩みが出たり、穂先にクンクンと引っ張られるアタリが出たりとさまざまだ。

小さなヒイカなので、大きなアワセを入れる必要はなく、軽く手首を返すようなアワセでいいだろう。

それまでのエギだけの重さではなく「何となく重い?」ぐらいの手応えを感じたら、ゆっくりリーリングする。

ヒットしていたら、水面にプシュ~プシュ~と小さな水鉄砲を感じられるはずだ。

ゆっくり一定のリーリングで寄せて抜き上げればキャッチとなる。

ヒイカの持ち帰り方

バケツに入れておけば後でリリースできるし、持ち帰ることも可能だ。

里芋と一緒に煮付けたり、てんぷらにしたり。

おいしく食べられるので家族も喜ぶだろう。

今が旬!ヒイカ狙いのウルトラライトエギング入門!【初心者おススメ】たくさん釣って美味しく食べよう♪

具体的な名古屋港のポイント

名古屋港エリアのポイントは西から西3区、貯木場、中央は金城ふ頭周辺がメインになる。

駐車禁止エリアなどの決まりを厳守し、港湾関係者の邪魔にならないよう配慮を忘れず、優先順位を考えて楽しんでほしい。

ゴミ問題で閉鎖されたエリアもある。

マナーを守り、遊ばせてもらっているという気持ちを忘れずに楽しんでほしい。

<週刊つりニュース版  АPC・土屋英孝 /TSURINEWS編>

▼この釣り場について
名古屋港周辺
この記事は『週刊つりニュース中部版』2018年12月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。