タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発

1月末に行ったタイ王国遠征での怪魚ハンティングセカンドステージをお届け。今回は、ブンサムラン・フィッシングパークでのメコンオオナマズ編だ。

「タイ王国で怪魚『プラチャード(ジャイアントスネークヘッド)』を獲る」編はコチラから

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り コイ釣り

続いてメコンオオナマズ10㎏クラスヒット

続けて狙うとすぐにアタリが出てヒット。先ほどより少し軽く、走りもそれほどでもない。魚が近づいてきたら柱に巻かれないよう誘導し、浮いたところでネットランディング。10kgクラスのメコンオオナマズだった。サイズ的には小型とのことだが、初の魚との出会いに笑みがこぼれた。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発フィッシングガイドとともに(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

20kgオーバーが連発!

ガイドがまだまだ大きいサイズがいるから「ネクスト、ネクスト」と言う。モーニングバイトなのかすぐにウキが沈んだ。フッキングを決めると、勢いよくラインが出る。サイズアップしたようだ。

ヘビーロッドが大きく曲がり、ポンピングで寄せていく。近づくと柱に向かってやはり走る。同じミスはしないように、沖に誘導してキャッチしたのは、20kgクラスのメコンオオナマズだ。添い寝して撮影するとよりサイズ感を感じとれた。

その後も20kgオーバーのメコンオオナマズのキャッチは続き、午前中だけで10~20kgオーバーを7匹キャッチ。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発見事20kgオーバーをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

体力振り絞り2ケタ釣果を目指す

昼食中も箸を持つ手が震えていた。その後はクーラーの効いたロッジで2時間半ほど熟睡。休憩後はあと3匹釣ろうと決め、エサを投入すると朝より反応が悪い。

しかし待っているとアタリが出てヒット。掛かるのはうれしいが、ビッグファイトの連続で体は悲鳴を上げている。キャッチしたのは20kgオーバーで残り2匹。続けて同型をキャッチして残り1匹。

次のページで20kg超とのラストバトルをお届け

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。