ヤリイカ釣りで「着乗り大作戦」成功 スルメ交じりで30尾【千葉】

ヤリイカ釣りで「着乗り大作戦」成功 スルメ交じりで30尾【千葉】

こんにちは、杉田千紘です。2月26日(水)、内房勝山の船宿からヤリイカ釣りへ行きました。当日はスルメイカも交じり、途切れないアタリを楽しむことができました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

TSURINEWS編集部

船釣り イカ釣り

ヤリイカ釣りのタックルと仕掛け

6時すぎ、大釣りを願っていざ出船。ポイントまでは航程約1時間。海況はあまりよくなくて、潮が速いようです。バラシを考えると直結仕掛けでは難しそう。

今回のヤリイカ釣りのロッドは専用竿。3000番の電動リールにミチイトはモーリスの「バリバス10×10 船プレミアムPE」4号をセット。

仕掛けは6本のブランコ、ミキイトには「バリバスハードトップ船ハリス5号」、枝スには同3号を使った自作をセットします。

早々に40cm超え良型をキャッチ

水深170mのポイントで船長の合図。素早く投入して「着乗りしないかなあ…」なんて思いながら着底を待ちます。オモリが海底に到達したら「よいしょ!」と、持ち上げます。残念ですがイカは掛かってなさそう。

「3回細かくシャクり、ピタッと止める」という動作で誘うと、ツンツンッと竿先にアタリ。「イカが乗った!」ズッシリとした感覚が手元まで伝わってきます。

ヤリイカ釣りで「着乗り大作戦」成功 スルメ交じりで30尾【千葉】乗った!(提供:週刊つりニュース関東版 APC・杉田千紘)

追い乗りを狙いたいのでゆっくり巻き上げます。重量感が増したところで電動リールのスイッチオン。速すぎないスピードで慎重に巻き上げます。上がってきたのは40cmを超える良型で、幸先いいスタートをきることができました。

ヤリイカ釣りで「着乗り大作戦」成功 スルメ交じりで30尾【千葉】いいサイズが釣れました(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

「着乗り大作戦」で好釣

ベテランは多点掛けを繰り返して、どんどん数を伸ばしています。私もポンポンとまではいかないものの取り込んでいきます。投入の合図で誰よりも早く仕掛けをタナに届けるイメージの「着乗り大作戦」を展開。できるだけたくさんイカを掛けて巻き上げる、という事を繰り返しました。

アッという間に20尾。半分くらいはスルメイカで、2種ゲットとは「なんてぜいたくな釣りだろう」と気分上々。今回使っているハリスはグリーン系の色を採用しているので警戒心を与えにくくイカに好適。強度がしっかりあるのでスルメが掛かっても安心です。

シブくなった時間帯は、欲張らずに1尾ずつ拾い釣り。途切れないアタリを楽しむことができました。

ヤリイカ釣りで「着乗り大作戦」成功 スルメ交じりで30尾【千葉】取り込みは慎重に(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

次のページで最終釣果発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。