タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発

1月末に行ったタイ王国遠征での怪魚ハンティングセカンドステージをお届け。今回は、ブンサムラン・フィッシングパークでのメコンオオナマズ編だ。

「タイ王国で怪魚『プラチャード(ジャイアントスネークヘッド)』を獲る」編はコチラから

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り コイ釣り

ブンサムラン・フィッシングパーク

タイの釣り堀は入っている魚がケタ違いで、以前釣行した際にもバラマンディー、アリゲーターガー、レッドテールキャットをキャッチした。他にもピラルク、アロワナなども入っている。

そんなタイの釣り堀といえばここだと言えるのが、ブンサムラン・フィッシングパーク。日本でもバラエティー番組で芸能人が釣りをしている。現地着は現地時間午前9時だった。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発メコンオオナマズのモニュメント(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

ブンサムラン・フィッシングパークに入場すると、釣り人が理想とする空間が広がる左手には大きな釣具店、右手はカフェに売店となっていた。

さらに桟橋を抜けると、釣り座の水上ロッジが目に入った。ロッジ内はクーラー、ベッド、シャワーにトイレが完備されて、休むにも汗を洗い流してさっぱりできる。いよいよ準備に取りかかった。

メコンオオナマズ狙いの仕掛け

メコンオオナマズの仕掛けは現地の吸い込み仕掛けに、かまぼこぐらいの大きさのウキ、エサはパンだ。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発当日のタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

エサの付け方も大規模でハリにパンを付ける。寄せエサもパンでコブシぐらいのダンゴを作った後、沖へキャスト。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発パンを豪快に付ける(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

ウキがナジんだら、リールのベールをフリーにしたままロッドホルダーに備え付けてアタリを待つ。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発投入したら後は待つだけ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

1投目からヒットも痛恨のバラシ

すると、ウキが上下に動きだす前アタリが出始めた。周りに魚の気配が濃厚になってきたなと思えた時、ウキが水面下に沈んだ。

ガイドのアドバイスでは早アワセは禁物。リールからラインが出ていくまで待つ。するとラインが出ていったので、ホルダーからロッドを外し、ラインを巻き取って魚の重みを感じたところでアワセを入れた。

ロッドを立ててアワせるとロッジの天井に当たって破損するので、綱引きをする感じで横に引いて何度もアワセを入れた。すると最初はおとなしかったが、違和感に気づいたのか、ドラグを鳴らしてラインを引き出す。

タイ王国でモンスター『メコンオオナマズ』を釣る 20kg超えが連発ドラグがうなりロッドが曲がる(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

魚の重さはかなりあり、ギンバルを着けてポンピングで寄せる。だが、寄せたところでロッジを支える柱にラインが巻かれてしまい、痛感のバラシとなってしまった。

次のページで怒涛の本命連発!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。