タイ王国で怪魚『プラチャード(ジャイアントスネークヘッド)』を獲る

タイ王国で怪魚『プラチャード(ジャイアントスネークヘッド)』を獲る

1月26日から30日のスケジュールで、怪魚ハントに挑戦すべくタイ王国へと遠征。今回のターゲットは2魚種で、まずはプラチャード(ジャイアントスネークヘッド)編をお届け。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ブラックバス

タイのバンコクで怪魚釣行

26日午前12時30分、タイ航空TG647は中部国際空港セントレアを離陸し、一路タイはバンコクへと約7時間あまりのフライトとなった。

タイのスワナプーム国際空港に到着後、すぐに釣り場のあるリザーバーへと5時間あまりかけ、車で移動した。この釣行は利用したツアー会社の開拓釣行でもあり、情報が少なく手探りの釣行となった。

チャード(ジャイアントスネークヘッド)狙い

移動した先は、タイ王国とミャンマー連邦共和国の国境近くの山間部のリザーバーだった。まず、ファーストステージのメインターゲットは、タイ語でプラチャード(以下チャード)と言われる魚で、英名はジャイアントスネークヘッド。アジア諸国に生息し、種族では最大級となるネイティブのライギョを狙う。

私がこの魚を狙うのは2回目で、前回はマレーシアで狙い6kg超えのライギョをキャッチすることができたが、感想としては反応は多くなくワンチャンスをモノにできるかどうかという魚だというイメージだ。

タイ王国で怪魚『プラチャード(ジャイアントスネークヘッド)』を獲る初日のリザーバー(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

リザーバーをバズベイトで探る

早速準備にかかる。ルアーはフィッシングガイドがチャードナンバーワンキャッチ率というスカートがブラックカラーのバズベイトに3inchグラブのチャートリュースカラーをトレーラーに付けたモノを貸してくれた。

タイ王国で怪魚『プラチャード(ジャイアントスネークヘッド)』を獲る当日のタックル(提供:週刊つりニュース中部版 APC・戸田英明)

現地時間午前11時半すぎ、小型のボートで湖へとこぎ出す。小型船のためアングラーは1人1隻の船となる。リザーバーは広く、水色は大江川や五三川といったステイン系の色で、ベジテーションが多い。ホテイアオイの際にキャストし、シャカシャカシャカと音と水しぶきを立てながらバズベイトを引くが、反応はなく時間だけが過ぎていった。

1日目はノーフィッシュ

ガイドによれば、この時期に水が満水状態なのはありえないようで、水温も低いとのこと。アシ状の植物が茂った岬状の先端で、バフォッと水しぶきが2度ほど立ったが、ファイトには至らず。その後ホテイアオイの際で3度目の反応が出るも、結果は同じだった。

結局この日は3バイトノーフィッシュ。ツアー会社代表の山田さん、スタッフの中村さんもワンバイトノーフィッシュとのことだった。そこで翌朝はリザーバーを変更。ホテルから約1時間移動し、午前6時すぎからスタートした。

2日目は早々にヒットも・・

ガイドは「チャードは朝の反応がいい。ノット、ドラグ調整は大丈夫か。派手に出ても重みが乗るまでルアーを巻き続けろ」とアドバイスしてくれた。このリザーバーは前日より少し規模が小さく、立ち木が多い。まずは近いワンドをバズベイトで探っていく。しかし反応がなく、移動して石積みエリアをバズベイトで探ると、バーンと水面が弾けてヒット。

姿が見えると小型だったので、一気に魚を抜き上げようとした瞬間にフックが外れてしまった。すぐにラインのキズをチェックしていると、ガイドがもう一度朝のワンドに行こうと言う。

次のページで念願の本命チャード登場!