アタリ単発も釣れれば良型ばかり 東京湾エサタチウオ釣行【つり幸】

アタリ単発も釣れれば良型ばかり 東京湾エサタチウオ釣行【つり幸】

2月上旬、東京湾のタチウオを狙って、川崎のつり幸から釣行。今シーズンは特に八景~川崎沖で指4~5本が上がっており、1月中旬の前回釣行時には午前の2時間で大型クーラーが満タンになったほど。この日も強烈な引きと、絶品の食味に期待をふくらませた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

つり幸でエサタチウオ釣り

アタリ単発も釣れれば良型ばかり 東京湾エサタチウオ釣行【つり幸】つり幸本家乗船場所(作図:週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘)

この日は20人以上が乗船し、6時50分に出船。川崎沖~中ノ瀬の探索からスタート。沖を見渡せば同魚狙いの船がたくさん。いい反応が見つかれば船団ができるが、この日はそうでもないようだ。

当日のエサタチウオ仕掛け

8時半、横浜沖で減速し旋回。「今か今か」とエサをハリに付けて待機。「水深32m、タナは下から7m以内」というアナウンスで開始。

仕掛けはシンプル。オモリ60~100号の天ビン仕掛けで、6~8号ハリスを2mの1本バリ。

誘いや食いのパターンは日によって大きく変わるため、早く傾向をつかむことが重要。

スローな誘いで指4本タチウオ!

まずは〝底からゆっくりとシャクリ上げ、1秒止める〟という動作を底から10m付近まで繰り返す。しばらく続けるがアタリなし。時間がすぎていく。

そこで、誘いペースをスローにし、止めの時間を長くすると、最初のアタリ。最初にアタリがあったところから3mほど誘い上げたところでハリ掛かり。7対3調子のライトロッドが根元から曲がり、思わず歓声。この引きのよさは何度味わっても気持ちいい。3、4回突っ込んだあとで上がってきたのは、指4本の1m級。

アタリ単発で拾い釣り

周囲ではポツポツと上がっているが連発するほどではなく、「魚影が消えたので、移動します」と船長。なかなか群れが落ち着かず、10分ごとに小移動。「なかなか難しい釣りになりそうだ」と焦る。

正午になっても状況が変わらないので、指示ダナを丁寧に誘い、4尾上げた。

アタリ単発も釣れれば良型ばかり 東京湾エサタチウオ釣行【つり幸】グッドサイズが釣れた(提供:週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘)

午後からはアタリが増えたものの、アワセミスやバラシを多発してしまう。熱くなる自分に「焦るな」と言い聞かせながら続けたが、なかなかパターンをつかめないまま納竿。

最終釣果

船中の釣果は7~20尾で、私は11尾だった。アタリの数を考えると20尾は釣れていたはずだ。しかし、どの魚も指4~5本なのでクーラーはずっしり。土産には十分。近々また挑戦したい。

<週刊つりニュース関東版 東京・藤澤一弘/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
つり幸
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年2月28日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。