蓋井島沖で6kgヒラマサ&ハマチ手中 50cmクエも【山口・英光】

蓋井島沖で6kgヒラマサ&ハマチ手中 50cmクエも【山口・英光】

2月4日、山口県下関漁港の「英光」にお世話になり、蓋井島沖へオフショアジギングに行ってきた。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

蓋井島沖でオフショアジギング

蓋井島沖で6kgヒラマサ&ハマチ手中 50cmクエも【山口・英光】当時のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

午前6時30分に出船。予報に反して曇天で風もあったためか、少し時間がかかり約1時間でポイントに到着。水深は45m。

155gのジグでスタートすると、二流し目の底から10シャクリでヒット。それほど重量感はないものの、ヒラマサ独特の突っ込みと首振り。リーダーが入り、残り5mほどでランディングというところで、まさかのラインブレイク。

結び方が悪かったのか、スイベル部分の結び目から切れてしまった。気を取り直してシャクり続けるも反応なく、白島寄りの深場へ移動。

7kgのハマチ&50cmクエ

水深65~70m。風はいっこうに落ちず船が流されるので、ジグは200~240gと重めのタイプに変更。

いくつかのポイントを転々とした9時ごろ、底から5シャクリくらいでドンッ!まずまずの重量感ではあるが、ヒラマサの引きとは少し違う。

慎重にやり取りをして浮かせたのは7kgのハマチ。

しばらくすると、船長に底付近でヒット。「青物ではなさそう」とのことで、強引に巻き上げてくると少し沖で浮いたのは50cmクラスのクエ(アラ)。

高級魚の登場に船上も盛り上がるが、魚の反応は薄い。

本命ヒラマサ6kgが浮上

またしばらく静かな時間が流れ、船長も苦心しながらいろいろなポイントを流し直す。数か所回ったところで、ベタ底付近で久々にヒット。

アワセを入れ、底を切ったところでPEラインが高切れ。ハマチを釣り上げた際にキズでもついていたのだろうか。

貴重な反応を逃してしまい意気消沈。

タックルを交換し、再び釣り続けると、またしても底から2~3シャクリでじゃれつくような感覚の後、ひと呼吸置いてドンッ!重量感もあり、突っ込みと首振りも繰り返すヒラマサ特有の引き。

一日に2回もラインブレイクしてしまったので、ドラグ設定も少し弱めにして慎重にやり取りをする。無事にランディングしたのは、先程のハマチとほぼ同寸の本命ヒラマサ6kgだった。

蓋井島沖で6kgヒラマサ&ハマチ手中 50cmクエも【山口・英光】6kgオーバーのヒラマサ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

その後は天候も回復し、風も落ちたせいか船も流されなくなり、潮も行かないので限りなくバーチカルに近い状況。

反応もないため、午後1時すぎに少し早めの納竿となった。

次のページで今後の展望を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。