サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】

サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】

昨年秋から三重県の南のエリアで良型アジが好調。例年なら年末ごろまでだが、今シーズンはどうも様子が違う。サーフアジングで狙った。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

七里御浜でサーフアジング

三重県の南のエリアでは、尺アジであればそれなりに釣れ、中には40cmオーバーのギガアジも交じり、お祭り騒ぎとなっている。

アジ好調の要因は水温の上昇なのかと思うが、理由はどうあれ釣れる時に釣っておきたいので、今回は大アジをメインターゲットとし、三重県熊野市の七里御浜まで行ってきた。

1月10日午後6時半に現地着。今回のギガアジ会場はサーフで、常夜灯がある港とは違いアジが止まる場所がない。いかに回遊してきたアジの目の前にリグを入れるかがポイントだ。

また、時合いも早いことが多く、取りあえず8時まで頑張ってみようと開始した。

サーフアジングタックル

リグはシンキングタイプのフロートにジグヘッドは極力軽量で強度があるものを選び、ワームはドリームアップ/デカマッカムとした。このワームはハンドポワード製で素材が軟らかく、吸い込み時に違和感が少なくアジングにはかなり優れたアイテムだ。

サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】サーフアジングタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

アジの反応を探して大遠投し上下、左右と広範囲を探る。着水直後にアタるときもあれば、回収直前にアタることもある。

また、時にはボトムでアタったりと神出鬼没なので、とにかく大切なのはキープキャストだ。

狙い方は着水後テンションフォールで上から下まで探り、ボトムから小さくチョンチョンとアクションを入れながらレンジを上げてを繰り返す。

泣きギガ39cm&33cmアジを捕獲

開始から1時間は全く反応がない。そろそろタイムリミットとなった8時前、着水直後のフォールでガツンとひったくるアタリがあり、条件反射でアワセを入れる。

ラインを通して伝わる手応えは良型だ。チリチリとドラグが鳴りラインが出されるが、なんとか寄せて浜にズリ上げ魚を見て思わずガッツポーズ。釣れたのは本命の大アジ。サイズは39cmと泣きギガだが、十分満足サイズだ。

サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】着水直後のフォールでヒットした泣きギガアジ39cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

その後2匹目を狙うと9時前に1匹目より強烈なアタリ。引きもさらに強い魚がヒット。これはギガ確定かと思う魚を無事ランディングも成功。ところが釣れたのは予想外に小さい33cmのアジだった。

次のページでメバルプラッギングにシーバスヒット?!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。