相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】

相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】

1月20日(月)、相模湾片瀬のまなぶ丸から、大好きなアマダイを狙って釣行しました。船中、40cm前後アマダイに、高級魚のアラやオニカサゴなど、多彩なゲストも上がった釣行に。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

まなぶ丸でアマダイ狙い

当日は6時ごろ、相模湾片瀬のまなぶ丸で受け付けを済ませてから船着場へ。

氷と発泡スチロールの箱に入った奇麗なオキアミを受け取り、仕掛けを準備。40cmの片天ビンにオモリは80号。まずはハリス4号で全長3mの3本バリを試してみます。

相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】まなぶ丸乗船場(作図:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

定番ゲストのアカボラ浮上

7時に三ケ部康介・若船長の舵で出船。30分ほど走り、水深100mほどのポイントに到着。

開始の合図で仕掛けを投入。オモリが着底したら「5回ほど海底を小突いて砂煙を巻き上げる」イメージで誘います。

当日は潮の流れが緩かったので少し高く、海底から2mほどタナを切って待ちます。すぐにビビビッ!のアタリがあって、上がってきたのはアマダイ釣り定番ゲスト、アカボラ。

2m2本バリの短い仕掛けが◎

いろいろな誘いを試してみたけれど、釣れるのは良型ムシガレイなど。

しまいにはダイナンウミヘビが掛かって仕掛けはグシャグシャにされちゃいました。周りの常連たちは本命のアマダイをポンポン釣り上げています。お隣さんは50cmほどのアラもゲット。

相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】お隣さんは50cmアラをゲット(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

常連さんたちと「何が違うのだろう」と観察すると、誘いがゆっくり小刻みでフワフワ。これをマネしてみると本命らしいアタリ。上がってきたのは15cmほどの小型ながら本命です。

「このまま続ければビッグな本命が釣れるかも」と思い、同じように誘いますが掛かるのはムシガレイばかり。

半泣きモードに入っていると若船長から「短い仕掛けにしたほうがタナは取りやすいんじゃないですか?」のアドバイス。ここで全長2mの2本バリに変更します。

相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】使用した仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

自己記録更新の54cmアマダイ

海底まで仕掛けを落としてから数回、小突きます。今度は1.5mタナを切って、フワフワ~と誘い、ピタッと止めてからスーッと聞き上げます。

すると、ビビビッとアタッて、かなりの重量感。一瞬「根掛かりかな」と思いましたがイトを巻くことはできたので、ドラグを緩めて電動リールのスイッチオン、ゆっくりと上げてきます。その間、強い引き込みにドッキドキ!顔を出したのは54cmの大型。

仕掛けを変えたら一発で釣れたのでビックリです。しかも自己記録更新のサイズで感激。

相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】大型アマダイ54cm(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

大型アマダイ2尾目は52cm

同じタナで誘ってみると今度は「オニカサゴかな」な引きと重量感。海中をのぞくと白いシルエットが見えてきました。なんとびっくり、また52cmの大型アマダイ。一日に大型2尾は初体験でした。

相模湾アマダイ釣りで大型的中 自己新記録54cm&52cm【まなぶ丸】50cmオーバーを2尾キャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 神奈川・金澤美穂)

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。