玄界灘ボートジギングで5.3kg寒サワラをキャッチ【FishigBoatP-Ⅲ】

玄界灘ボートジギングで5.3kg寒サワラをキャッチ【FishigBoatP-Ⅲ】

1月上旬、玄界灘での青物キャスティング、ジギングで福岡市西区姪浜漁港「FishigBoatP-Ⅲ(ピースリー)」に乗船した。当日は、サワラの自己記録更新をすることができ、満足のいく釣行となった。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・金子新)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

PⅢ(ピースリー)でキャスティング&ジギング

当日は、FishigBoatP-Ⅲ(ピースリー)にて午前6時に姪浜漁港を出港し、壱岐近海を目指した。前日に強い北西風が入ったせいか、ウネリがまだ若干残っている状況だった。玄界灘特有の、ピッチの狭い波長の波が時折船体を揺らす。

1時間半ほど走ったところで、鳥の怪しい動きを確認したので、キャスティングでトップ(海面)から探っていった。

1投、2投、3投と様子を見ていくが、音沙汰はなかった。

すぐに見切りをつけた船長が「深場のジギングに切り替えましょう!」とひと言。ジグを付けて、すぐに落とせる状態にセッティングし、20分ほど移動した。

玄界灘ボートジギングで5.3kg寒サワラをキャッチ【FishigBoatP-Ⅲ】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・金子新)

ジギング1尾目は4kg級のヤズ

風も落ち、晴れ間も差してきてコンディションは良好になっていた。

ジギングポイントに到着。水深60mから47mのカケアガリにベイト(エサとなる小魚)がビッシリと魚探で確認できた。

期待が高まる中、1投目。ジグがボトム(海底)に着底後、2、3回イトフケを取り、ゆっくりめのワンピッチワンジャークを5回行ったところで、ドン!と青物特有のバイトが出た。

ロッドからゴンゴンと魚が首を振り、抵抗する様子が伝わる。1尾目なので慎重にやり取りをし、上がってきたのは、推定4kg級のヤズ

自己記録更新のサワラ5.3kgを追加

今が時合いと思い、すぐにジグを落とす。先ほどのヤズがヒットしたレンジ(層)を意識して、ジャークしていく。

5回ワンピッチワンジャークをしたところで、食わせの間を与えるため1秒間〝止め〟を入れた。すると、次のジャークでロッドが海面に突き刺さった。「ジーー!」とドラグが心地よく鳴る。

先ほどのヤズよりサイズが大きいと瞬時に判断し、徐々に魚との距離を縮めていく。10mくらいまで上がって来たところで、またドラグが鳴った。リーダーが見え、姿を現したのは良型のサワラであった。サワラを帰宅後に検量すると5.3kgだった。

ベイトはキビナゴ

この時期の寒サワラは、春に産卵を控える個体が多く、丸々としておりおいしそうな魚体だった。思わず笑みがこぼれる。サワラが吐き出したベイトは、10cmほどのキビナゴであった。

その後も釣りを再開するが、気がつけば午後2時。潮が緩くなり、魚探に映るベイトも居なくなっていたため、この日は納竿とした。サワラの自己記録更新をすることができ、満足のいく釣行となった。

次回は、春マサシーズンにぜひ訪れたいと考えている。 

<週刊つりニュース西部版 APC・金子新/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
フィッシングボートPⅢ
出船場所:福岡県福岡市・姪浜漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。