サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】

サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】

昨年秋から三重県の南のエリアで良型アジが好調。例年なら年末ごろまでだが、今シーズンはどうも様子が違う。サーフアジングで狙った。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

メバルプラッギングにシーバスヒット!

その後、1時間以上沈黙となったのでアジは諦め、近くの磯へメバル狙いで向かった。サイズ狙いの外洋向きのポイントはウネリがひどいので、ウネリの影響が少ない場所で開始。

使用したのはラパラCD―5リップを削ったシンキングペンシル仕様だ。

シャローを根掛かりに注意しながら探る。開始数投、あと5mでピックアップというところで、アタリと同時にラインが出て止まらない。なんとかフックを伸ばされながらもキャッチしたのは、70cmの良型シーバスだった。少しスリムだがうれしい1匹だ。

サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】ナイスなシーバス70cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

狙い通り25cmメバルを手中

この1匹で場荒れしてしまったので、少し立ち位置を変えて根際を中心に探ると、コツコツとじゃれつくようなアタリ。しっかりと重みが乗るまで我慢し、アワセを入れ成功。小気味いい引きで楽しませてくれたのは、狙い通りのメバルでサイズは25cm弱だった。

サーフアジングで『泣きギガ』39cm巨大アジキャッチ【七里御浜】メバルはラパラCD5リップレスで25cm(提供:週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛)

もう少し大きなメバルを釣りたい気持ちもあったが、体力的にもキツかったのでここで納竿とした。

今回はメバルも狙いたかったので三重県最南端まで向かったが鳥羽~志摩方面でも大アジは好調なので、潮通しが良さそうな場所で夢のあるギガアジを狙ってみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版 APC・伊藤太盛/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
七里御浜
場所:三重県熊野市
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。