伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第1回】

伊藤さとしのプライムフィッシング。最終回のテーマは「マッシュで大型を狙う」。これまでさまざまなテーマを紹介してきたが、最後は伊藤の好きな釣りで締めくくってもらおう。今回は千葉県君津市にある亀山湖での実釣編。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ヘラブナ釣り

最終回は大型狙い

2019年からスタートしたプライムフィッシングが、いよいよ最終月を迎えます。長期に渡りご苦労さまでした!

伊藤 さとし

「こちらこそ、ありがとう。おかげで、現場で声をかけられることも多くあったし反響も多くいただいたよ」

 

最後は伊藤さんの好きな釣りで締めくくりましょう。リクエストはありますか?

伊藤 さとし

「じゃあ亀山か片倉の大型釣り(両マッシュ)をやらせてもらおうか」

 

そうくると思いましたが、直近の情報があまりよくありません。どちらかと言えば亀山湖のほうが、まだマシのようですが天気が怪しいです。

そんなことを話していた取材日予定日の二日前、亀山湖周辺でゲリラ豪雨があり一気に水位が上がってしまった。春の水位上昇は大歓迎だが、この時期の集中豪雨は百害あって一利なしのことが多い。しかし取材日順延は不可なので決行するしかなかった。

亀山湖での実釣編

7月21日(木)、亀山水産センターから出舟。とりあえず笹川筋まで上がってみたが、コーヒー色の土砂濁りでモジリもなく、すぐさま下流方向に引き返す。しばらくトンネル下や川面台周辺に舟を留めて水面を眺めていたが気配ゼロ。また他店からの先釣者で主だったポイントも埋まり気味だった。

伊藤 さとし

「これならまだモジリがあった桟橋周辺のほうがマシだね」

 

センターの桟橋周辺まで引き返し、朝のうちモジリが多くあった通称・モミの木前に着舟する。

ところがエサ打ちを始めると今度は桟橋近辺でモジリが出始めたので、1時間半ほどでモミの木ポイントを離れ、桟橋東向きに舟を直着けして再開する。

伊藤さとしのプライムフィッシング【マッシュで大型を狙う:第1回】亀山水産センターの桟橋直着けにて(提供:週刊へらニュース伊藤さとし)

釣り方は竿7尺チョウチンのマッシュ系両ダンゴ。配合はマッシュポテト徳用、マッシュダンゴ各200㏄+水400㏄で5分ほど放置してカクシン100㏄+凄麩200㏄。ハリは上下ともサイト18号、ウキは1mm径グラスムク。

伊藤 さとし

「パイプでどっぷりナジませて釣りたかったんだけど、どうもそういう時合いではなさそうだから、ムクのロングトップでストロークを生かした一方通行の釣りでやってみるよ」

 

竿が短いですね?

伊藤 さとし

「せっかく桟橋直着けでやっているのだから、桟橋直下にいるであろう魚を狙ってみないとね。ダメなら長くするよ」

 

次のページで難しい状況のなか貴重な1枚がヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。