夜のイカメタル&バチコンアジング釣行で良型両本命キャッチに満足

夜のイカメタル&バチコンアジング釣行で良型両本命キャッチに満足

7月に入り、旬の日本海のイカメタル釣行で福井県坂井市の九頭竜川ボートパークの飛龍に出かけた。当日はイカメタル、バチコンアジングで、まずまずの釣果に恵まれたので、その釣行をレポートしたい。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

イカメタル&バチコンアジング釣行

7月9日の午後5時に現地に到着し、早速タックルをセット。船長にスッテのサイズを確認すると20号ということで、定番の赤緑のスッテと、枝スには赤黄のエギでまずは様子を見ることにした。また前情報でバチコンアジングも好調ということで、アジングのタックルも準備をした。

6時前に出船し、沖に15分ほど走ってポイントに到着。まだ日の入り前ということで、周囲は随分明るい。アンカーを下ろし、船を固定すると船長の合図でスタート。水深は40m弱だ。

良型マイカゲット

まず潮の流れを確認するため、スッテを着底させ、水深とカウンターリールの水深を比較する。1~2mほど多くラインは出るが、スッテサイズは問題なさそうだ。日の入り前ということで、まずはベタ底でイカを狙う。

夜のイカメタル&バチコンアジング釣行で良型両本命キャッチに満足マイカは単発ながら良型が登場(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

誘いはリフト&フォール、シェイクなどのアクション後にステイを入れる。なかなかアタリが出ず、7時半前に集魚灯が点灯。ベタ底からタナを変えながら広く探っていく。すると35mでサオ先に微妙なアタリ。即アワせるとようやくのファーストヒット。バレないよう素早く巻き上げると、狙いのマイカだ。

ギガアジ頭に入れ食い

しかしイカは依然渋い状況で、なかなかヒットせず。9時までに3匹と厳しい状況だったため、ここでアジ狙いのバチコンに変更。バチコンの誘いも基本はリフト&フォールの後にステイを入れ、これを繰り返してアタリを待つ。

すると早速フォール後に、サオ先が激しく振れる。大きくアワセを入れると早々にヒット。口切れしないゆっくりと巻き上げてくると、狙いのアジだ。サイズも良く余裕の尺超え。ここからアジがほぼ入れ食い状態。活性も高く、数回誘いを入れれば、すぐにヒットする。

夜のイカメタル&バチコンアジング釣行で良型両本命キャッチに満足40cm超えのギガ級も交じった(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

食いも良くジグヘッドは丸のみ状態。しばらくアジを楽しんだ後、再度イカメタルにチェンジ。しかしこちらは相変わらずの渋い状況。タナもベタ底から中層でポツポツとヒットするのみで、テクニカルな状況が続く。

次のページで当日の最終釣果発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。