「シーバスゲーム」ステップアップ解説 オンリーワンなルアー4選

「シーバスゲーム」ステップアップ解説 オンリーワンなルアー4選

世の中様々なルアーがありますが、多くはミノー・シンペン・バイブレーションと分類できます。今回はどの分類ともちょっと違うオンリーワンなルアーを紹介していきます。有名ルアーであっても、その特性を深く知ればもっと上手く使えるようになるかもしれません。自分が使って、試して釣ったものだけ紹介しますのであしからず。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー ショア

コアマン VJシリーズ

「シーバスゲーム」ステップアップ解説 オンリーワンなルアー4選コアマン VJシリーズ(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

もはや大人気過ぎて釣具店でなかなか買えないルアーになってしまったVJ。ルアー釣りをする人なら多くの人がご存知のルアーではありますが、VJはジグヘッドワームという分類を飛び越えた革命的ルアーです。

略さず書くとバイブレーションジグヘッド。スイミングさせるとブルブルとふるえながら泳ぎます。本来ジグヘッドワームとはまっすぐ棒のように泳いでくる物ですから、食わせの一手として活躍するとともにアピール力の低さがネックでした。

VJはブルブルと波動を出しながら泳ぐので、ジグヘッドワームの持つアピール力の欠点を補いつつワームとしての利点も兼ね備えているのです。ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュにも効果があるので持っておくとなにかと重宝します。

邪道 グラバーHi

「シーバスゲーム」ステップアップ解説 オンリーワンなルアー4選邪道 グラバーHi(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

リップ付きシンペンというシンキングペンシルの中のさらに細分化されたジャンルのルアーの一つ。

元々シンキングペンシルはリップがありませんから、引き抵抗が小さく初心者には操作性が悪いというのが欠点。また、ミノーのように一定の層を引いてくるのも難しくレンジキープのしづらさがありました。

そのシンペンにリップがつくことによって操作性が上がり、レンジキープがしやすくなりました。泳がせるためのリップというよりはそれらを向上させるためのリップであるため、ミノーとはやはり少し違うルアーになっています。

グラバーは一般的なシンペンでやりにくい1mより深い水深でもレンジキープしやすくアクションが破綻してしまうような激流にも対応できる数少ないシンキングペンシルの一つなのです。

タックルハウス ローリングベイト

「シーバスゲーム」ステップアップ解説 オンリーワンなルアー4選タックルハウス ローリングベイト(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

こちらもシーバスと言えば定番のルアーですが、よくよく考えてみるとミノーともバイブレーションともとれない特殊な形です。

ローリングベイトは使い手次第でミノーにもバイブレーションにもシンキングペンシルにもなります。速巻きをすればふらつく千鳥アクションでミノーさながらのリアクションバイトをもぎ取り、沈めて使えばバイブレーションのレンジを探れます。デッドスローで巻けばシンキングペンシルさながらの弱々しいアクションを演出。

ただ巻きで釣れてしまうルアーですが、何として使うかをイメージすれば更に釣果に繋がるでしょう。

次のページで秋口の河川で大活躍のルアーを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。