人気上昇中『ライトブリームゲーム』とは? 釣り方とタックル流用術

人気上昇中『ライトブリームゲーム』とは? 釣り方とタックル流用術

春の釣り物としてタイたちが釣れ始める。ショアの釣り物では、チヌ(クロダイ)がルアーで釣りやすい。そこで、近年流行の「ライトブリーム」を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ライトブリームとは

「ライトブリーム」=フィネス・チニングともいえるだろう。この釣り方を再確認したい。

従来のチニングというと、ロッドは20g前後のジグまで投げられる7ft台MLクラス、ティップは軟らかめに味付けされているが、全体としてジャキッとしたしっかり感のあるロッドで、セットするリールは2500番か3000番。PEライン0.6~1号前後がスタンダードだった。ベイトリールを使う、まんまブラックバスのような釣り方もある。

だがこの釣り方では食わないチヌも増えてきた。特に人的プレッシャーがかかりやすい、大阪湾近郊でいえば淀川周りだ。人気の場所は常に波動の大きいルアーがガンガン投げられているので、チヌが嫌がって、露骨に見切るようになったと聞く。そこでライトブリームという、筆者の記憶では2015年くらいに提唱された釣り方が、今キテいる。

当時はフィネスで釣る意味がそこまでなかったのだが、最近はフィネスでなければチヌが食いにくい。そのため、チヌのルアーにおける最優先的な釣り方となりつつある。

人気上昇中『ライトブリームゲーム』とは? 釣り方とタックル流用術ライトブリームで数釣りしよう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

魚の食いが立つのは、確実に「夕マヅメ」、そして夜。ド深夜でも釣れることもある。

目安としてPEライン0.3~0.4号がライン本線となる。これを主眼にタックルを組み立てたい。

タックル流用術

では、肝心のライトブリーム用のタックルを考えてみよう。なお、専用のロッドが開発されている釣りではないので、ライトブリームでは、必ず何かのサオを流用することになる。筆者の考え方として、ライトゲームのタックルをそのまま持っていけばいいと思う。

メバリング流用

タックルはそのままでOK。メバルロッドソリッドorチューブラー、7ft台。リールは2000番にPEライン0.3号、リーダーは6lbを80cm。PEラインは0.25号までは筆者の経験上問題ないが、アジ・メバル専門に0.2号を張っているアングラーは、もう少し太いイトを使いたい。

ドラグを使って弱らせて獲るので、魚と力勝負するのでもないが、どうしても根に潜るタイプのキビレ、チヌがいる。そういう連中を根からリフトするために、イトの力がいるのだ。

人気上昇中『ライトブリームゲーム』とは? 釣り方とタックル流用術メバルタックルでチヌをキャッチ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジング流用

ロッドは6ft台を持ってきて、2000番または1000番スピニングリールにPEライン0.3号を使用しよう。このタックル要件では、橋脚打ちやキワ打ちという、狙いを絞りきった打ち方しかできない。河川の前に投げてコースを引いてくる釣りは難しい。また年無し級がヒットしたときには、筆者の経験では取り込みまでに15分かかることもある。どこかタックルの局所でリフトするのではなく、全体を使ってじっくり体力を削り、だましだまし上げてくることがポイントだ。

ライトブリーム入り

この釣り方から入る、という人は少ないかもしれないが、ライトブリーム入りならばメバルロッドソリッドorチューブラーに2000番PEライン0.3号、リーダー6lbを80cm程度というスタンダードタックルをおすすめする。ワーミングメインなら、ロッドはソリッドだろう。

バスからの流用

バスロッドの流用も利く釣りである。スピニングでもベイトでもOKだが、1g程度のリグが軽快に扱えるものにしたいので、PEラインは0.3号、ロッドの調子はULが基本だ。

次のページでは「ポイント」や「釣り方」を解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。