「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう

釣りの世界でめったに見ることがない魚が釣れた場合、「幻」という言葉を使う。それがおいしい魚であれば、なおさらそのレア度はアップする。そんな「幻」にスポットを当ててみようというのが今回の企画。最初のターゲットはシロアマダイだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

レア度MAX「シロアマダイ」

アマダイといえば、京都の若狭ぐじに代表される、いわずと知れた高級魚。中深海の好ターゲットとして知られており、砂泥底に身を潜めて通りかかるエサを捕食する。水分が多い身だが、その味は上品でどんな料理にしても抜群にうまい。

そんなアマダイだが、釣りで狙えるのは3種類。アカアマダイ、シロアマダイ、キアマダイだ。最もポピュラーで、釣り人に多く釣り上げられているのがアカアマダイだ。若狭湾では若狭ぐじのブランド名が付けられ、ポピュラーと言いつつ、アカアマダイでもレア度は十分に高い。

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おうシロアマダイ(上)とアカアマダイ(下)(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

だが今回スポットを当てるのは、そのアカアマダイではなくシロアマダイ。パッと見はそっくりだが、アカアマダイに比べて体表が白っぽく、顔と目が小さい。分布は本州中部以南で、熊野灘に面する紀東エリアや遠州灘で釣果が聞かれることが多い。

高級料亭に直行

平均して30~40cmまでの個体が多いようだが、数としてはアカアマダイよりも圧倒的に少ない。アカアマダイでも2ケタも釣れば大爆釣の部類に入るレアターゲットだが、シロアマダイは船中で1匹でも上がれば万々歳。アカアマダイの上をいく、レア度最高ランクの幻ともいえる魚なのだ。

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう50cm級の超大型も出る(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

その味は脂肪分が多く、アカアマダイをはるかにしのぐうまさだとか。市場に出回ることごくはまれで、水揚げされたごく少数のほとんどが、高級料亭に直行することが多いようだ。

シロアマダイのポイント

現在シロアマダイの釣果が見られるのは、三重県の鳥羽エリア、熊野灘に面している南伊勢~尾鷲エリア。釣れているのはタイラバでのヒットが多いようだが、シロアマダイを専門に狙っている人は皆無で、マダイやアカアマダイなどを狙っていて、たまたま釣れてしまった……ということがほとんどのようだ。

アカとシロ、よく似た魚だが、決定的に違うのが生息する水深だ。アカアマダイは水深100mを超えるような中深海に多いのに対し、シロアマダイは40~60mの比較的浅場で釣れることが多い。今まで聞いたなかで、釣れた最も浅い水深が三重県・五ケ所湾内の水深19m。ちなみスーパーライトジギングでのヒットだったようだ。

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう味の方も一級品だ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

だが混在していないかといえばそうではなく、水深50~70mラインであればアカに交じってシロがポツンと上がることもあるようだ。狙う場合、水深はひとつの目安にはなるが、浅場にこだわりすぎるのも考えもののようだ。

次のページでタックル&釣り方を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。