「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう

釣りの世界でめったに見ることがない魚が釣れた場合、「幻」という言葉を使う。それがおいしい魚であれば、なおさらそのレア度はアップする。そんな「幻」にスポットを当ててみようというのが今回の企画。最初のターゲットはシロアマダイだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

タイラバかエサ釣りで狙う

そんなシロアマダイ、狙って釣るのは至難の業だが、可能性が高いのがタイラバとテンビン吹き流しだろう。どちらもそう難しい釣りではない。

タイラバであればディープ仕様は必要なく、シンカーの重さは120gまで。ネクタイも何が効くか分からないので、さまざま用意した方がいいだろう。またハリにワームなどのトレーラーを刺すと、ヒット率が上がるという人もいる。フックがリーダーを拾うテーリングを避ける効果もあるので、ワームを用意してもいいと思う。

テンビン吹き流しであれば、45cmほどの半月型テンビンにオモリ50~100号、ハリス3~4号の吹き流し2~3本バリが標準。ハリは伊勢尼の9~11号かチヌバリ3~4号。仕掛け全体の長さは1ヒロまでのものが使いやすいと思う。

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おうエサはオキアミとイカの切り身を用意しよう(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

エサはオキアミが一般的だが、釣り場によってはレンコダイ(キダイ)やイトヨリなど、他魚が先に食ってくることが多いので、押さえとしてイカの切り身やサバの切り身なども用意しておくといい。

シロアマダイの釣り方

釣り方自体はシロもアカも、あまり差はないように思う。ひたすらボトム狙いに徹する。タイラバなら流しながら、底から3mまでをネチネチ攻め続ける。時々10m以上巻き上げて、大きく着地点をずらしてやることも大事だ。

テンビンフカセであればオモリが底を引きずるぐらいのイメージで、エサが底ベタを流れるようにする。アマダイだけでなく、砂泥底を生息域とする魚たちは、濁りに大きく引き寄せられる傾向がある。重めのオモリで底を引きずり、泥煙を上げることで集魚効果も上げることを心がけたい。

「レア度MAX」のシロアマダイ釣り入門 タイラバor吹き流しで狙おう愛媛県では投げ釣りでもれる(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

以上ざっと釣り方を述べてみたが、シロを専門に狙うとなると、メソッドやタックルについてはあまりにデータが少ないため、不確定要素も多いのが現状。レアだからこそ、狙う価値があるのがシロアマダイなのだ。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。