【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ

シロギスは春~夏のイメージが強い魚だが、冬期は脂がのってさらに美味しくなる。今回は、東京湾シロギスタックルについて解説する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

お勧めの船宿

東京湾シロギスの釣況は、各宿とも安定して釣れている。お勧め船宿をご紹介する。

木更津桜井 雄士丸

木更津桜井の雄士丸では、希望により出船し木更津沖などを狙う。

▼この釣り船について
雄士丸

金沢八景 進丸

金沢八景(漁港内)の進丸は午前と午後で受け付けている。11月16日の午前は5~30尾、午後は11~24尾。15日は午前4~24尾、午後は1~10尾だった。

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ金沢八景・進丸の11月15日の様子(提供:進丸)
▼この釣り船について
進丸

金沢八景 荒川屋

金沢八景(瀬戸橋)の荒川屋では一日船で出船中。18日は8~45尾、17日は10~29尾だった。

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ金沢八景・荒川屋の様子(提供:荒川屋)
▼この釣り船について
荒川屋

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年11月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。