【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ

シロギスは春~夏のイメージが強い魚だが、冬期は脂がのってさらに美味しくなる。今回は、東京湾シロギスタックルについて解説する。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

東京湾シロギスタックル

初心者から上級者まで楽しめる、東京湾のシロギスタックルについて解説する。

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップシロギスタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

竿

シロギス専用も数多く、廉価版から高価格帯までさまざまだが、初めて購入するならエントリーモデルで十分。

使用するオモリの号数は10~20号前後のため、その範囲のオモリ負荷を持った長さ1.6~1.8m前後のものをセレクトしよう。

調子は8対2~7対3程度で、穂先がしなやかかつ、感度がいいものほど、アタリが取りやすい。

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップシロギスの探り方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

リール

この釣りで仕掛けの投入や回収がスムーズに行えるのは、小型のスピニングリール。慣れてくれば仕掛けを前方にキャストして広範囲に探ることもできる。

使用するミチイトはPEライン0.6~1.5号。100mほど巻いてあれば問題ない。

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ飲み込んだハリのはずし方(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

天ビン仕掛け

天ビン仕掛けはさまざまな種類があるものの、お勧めは固定式のシンプルなもので、腕長10~15cm前後が絡みも少なく、扱いやすい。

仕掛けは、フロロカーボンライン0.8~1.5号を使用した全長0.6~1m程度。

ハリには流線や競技キスの7~8号の2本バリ。

胴突き仕掛け

胴突き仕掛けはミキイトがフロロカーボンライン2~3号で50~60cm程度。オモリの上部約10cm前後からフロロカーボンライン0.8~1.2号程度で20~30cmの枝スを出し、ハリは同じく流線や競技キスの7~8号が一般的。

オモリは船宿から指定があれば、それを基準に10~20号を複数用意しよう。

【東京湾2020】冬の船シロギス釣り解説 寒い時期は脂のって食味アップ金沢八景・進丸の11月15日の様子(提供:進丸)

次のページで「お勧めの船宿」を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。