全長3km超の沖堤防でエギタコ釣り 水潮に苦戦し2杯【川崎新堤防】

全長3km超の沖堤防でエギタコ釣り 水潮に苦戦し2杯【川崎新堤防】

7月20日は仕事が休みに。釣りに行きたい!という事で、お手軽な沖堤防エギタコ釣りに出陣!東京湾最長を誇る「川崎新堤防」での釣果やいかに?

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

沖堤エギタコの釣り方

基本は船と同じです。エギが底を離れないように細かくトントン。たまに空アワセを入れてエギをアピール。微妙な重さを感じたら、少し間をおいて一気にアワせて一定の速度で巻き上げます。

船と違う点は、当たり前ですが「防波堤は移動をしてくれない」点。歩きながら、時にはちょい投げをしつつ、ポイントを探っていくのが大事です。

また、防波堤の水面付近には牡蠣やカラス貝がはりつめていて、これの裏側にタコがいる事があります。水深でいうと1~2m。防波堤の際を見て「怪しいな~」って思ったら探ってみると面白いかもしれません。探ってみて「ズドン」ときたらしめたもの!

500gゲットも単発

満を持して6番(北側)に降り立ち、防波堤外側のヘチを歩きながらトントントン。すぐに500gの本命を乗せるも後が続かず。

タコ狙いの釣り人とすれ違うたび、あいさつがわりに「今日はダメだね~」。状況から察するに「防波堤近くはダメ」。つまり、昨日までの雨で多摩川から真水が流れ込んでいる、という事でしょう。このようなときに、大きなポイント移動できない点は防波堤釣りの欠点。

粘りで300g手中!

ヘチ探ってもちょい投げしても、何をしてもタコは乗らず。最後は作戦も何もありません。こういう時は修行あるのみ。そして、もうタコの乗りの手ごたえを忘れてしまいそうになった時、ようやくそれっぽい手ごたえ。

ためてためてエイヤー!お迎え時刻30分前。約4時間ぶり300gの本命をゲット。家族4人分の晩ごはんのおかずとして考えると最低2杯は確保したいと思っていたので、小型とはいえ最高にうれしい1杯でした。

全長3km超の沖堤防でエギタコ釣り 水潮に苦戦し2杯【川崎新堤防】粘りのタコ300g(提供:WEBライター・尾崎大祐)

次のページで最終釣果発表&タコ料理を味わう!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。