子供と一緒にテナガエビ釣り ソーセージで本命手中【三重・揖斐川】

子供と一緒にテナガエビ釣り ソーセージで本命手中【三重・揖斐川】

7月12日、梅雨の晴れ間に子供と公園へGO。帰り道の揖斐川下流でテナガエビ釣り。エサは昼食の余りのソーセージを使用した。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

木曽三川でテナガエビ釣り

行き先は三重県桑名市にある木曽三川公園カルチャービレッジ。とても広い広場に巨大な滑り台をはじめとした遊具がいくつかあり、思い切り体が動かすことができるため子供たちもお気に入りだ。いつ雨が降るか分からないので、早めに到着して午前中いっぱい思いきり楽しんだ。

そのまま外で昼食を取ると、時間はまだ午後1時すぎ。天気もいいため、帰り道にテナガエビの様子を見に行ってみようかと提案すると、子供たちはノリノリでOKの返事。エサは昼食の余りのソーセージだ。

揖斐川下流は濁り模様

長雨による増水はとどまることを知らず、木曽三川はまだ河川敷に降りられないレベルの水位。通常のポイントでは釣りにならないようなので、国道1号線より下流、足場まで水没しないポイントを選択するしかなさそうだ。川沿いに車を走らせながら南下し、揖斐川下流の護岸沿いのポイントに到着。ここなら足場も良く安全そうだ。

釣り人がいたので、ソーシャルディスタンスを保ちながら釣果を聞いてみると「ボチボチ釣れてるよ」とのこと。明らかにピンポイントで狙っているので、それ以外の場所はどうか分からないが、他に行く当てもない。当然、水は茶色く濁り、風も強めで条件は悪いが、遊びのついでなのでと自分自身を無理やり納得させ、とりあえずやってみる。テナガエビの顔を見ることができればラッキーといったところか。

ソーセージエサでハゼ

ちょうど潮が下がり始めたタイミング。早速タックルを準備し、足元のブロックの隙間に、ソーセージを小さく切ったエサをハリに付けて放り込む。すると数投目、落ちていく途中でエサがひったくられてヒット。ハゼ系の魚だ。

子供と一緒にテナガエビ釣り ソーセージで本命手中【三重・揖斐川】ハゼ系の魚ヒット(提供:週刊つりニュース中部版 APC・松田久史)

次のページでテナガエビ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。