磯から狙う『投げカワハギ』釣り 状況渋く本命4尾【和歌山・串本大島】

磯から狙う『投げカワハギ』釣り 状況渋く本命4尾【和歌山・串本大島】

冬場に本番を迎える和歌山・串本大島のカワハギを、磯からの投げ釣りで狙いに出かけた。当日はアタリも少なく、食いはすこぶる渋い状況だったが、なんとか粘りに粘って、家族で食べる分のカワハギ4尾をキャッチする事ができた。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・長谷川靖之)

TSURINEWS編集部

海釣り 投釣り

ウイルス影響で釣りエサ不足

新型コロナウイルスの影響は釣りの世界にも影響を及ぼしており、中国からの輸入に頼っている投げ釣りのエサ(いわゆる虫エサ)の多くが日本の釣具店の店頭から消えてしまった。

私たち投げ釣り師にとって、特に痛いのはマムシ(ホンムシ)の調達ができない事だが、2月末から少しずつ輸入が再開され始めた。そこで事前にマムシを予約して、3月1日に和歌山・串本大島のカワハギ釣りに出掛けた。

串本大島で投げカワハギ釣り

3月1日深夜2時に、同じクラブのメンバーである長岡さんと西さんが、堺市の私の自宅まで迎えに来てくれる。荷物を積み込んで一路、串本町を目指した。

渡船の出船時間である午前6時前に串本大島の須江港に到着。日中は暖かくなるとの予報だが、明け方の冷え込みはきつく、防寒着を着込んで渡船に乗り込んだ。

ポイントは須江湾内で、串本大島南側の地磯と通夜島周りの磯だ。私は、水深が浅いがこれからの時期に実績のあるヨコヘラに、長岡さんと西さんはナギ崎の西に渡礁した。うっすらと夜明けを迎える中で、そそくさと準備に取り掛かる。

磯から狙う『投げカワハギ』釣り 状況渋く本命4尾【和歌山・串本大島】当日上がったヨコヘラ(提供:WEBライター・長谷川靖之)

投げカワハギ釣りの仕掛け

当日のタックルは硬調子の投げ竿4.25mにPEライン1.5号を巻いた大型スピニングリールをセット。オモリは固定式のデルナーテンビン30号とし、その先に全長を70cmに縮めた吹き流しの2本バリ仕掛けをセットした。ハリはカワハギの吸い込み性を考慮して、スピニングB12号をチョイスする。

磯から狙う『投げカワハギ』釣り 状況渋く本命4尾【和歌山・串本大島】当日のカワハギ仕掛け(作図:TSURINEWS関西編集部・松村)

エサは苦労して調達したマムシと、前週の釣行で少し余ったアオイソメである。アオイソメは2、3匹をチョン掛けに、マムシは3cmくらいにカットしてハリいっぱいに刺す。

低水温に苦戦

ヨコヘラは前方にマグロの養殖イケスが設置されており、その下に大型カワハギが付いているとの読みで、イケスの際を狙う。

4本の投げ竿をセットできた時には、すっかり夜が明け切っており、朝の時合いに期待してアタリを待つ。しかし、待てども待てどもアタリが出ない。

回収したオモリを握ると非常に冷たく、付いたエサもそのままの状態で戻ってくる。水温が思った以上に低下しているようだ。

9時過ぎに待望のカワハギ

「今日はのんびりとアタリを待とう」と言う事で、持参したお湯でコーヒーを入れて飲みながらパンを頬張る。その後も魚の気配が薄く、時々キタマクラやトラギスが掛かってくるくらいで午前9時を過ぎた。

渡船店のサービスで磯がわりが可能なので、ポイント変更が頭をよぎり始めた時、当日初のアタリ。緩めていたドラグが短く滑って、その後も竿先がモゾモゾと動いている。

思い切って大きくアワセを入れると、魚が激しく暴れる感覚が伝わってきた。これは間違いなくカワハギだろう。途中からすんなりと寄ってきたのは、やはりカワハギで、ソロリと抜き上げた。

サイズは27cmの良型

メジャーを当てると27cm。まずは1尾目を手にできた。魚体は白っぽい回遊性の個体だったので、群れで回遊してきたかも?と他の竿先にも集中する。

しかし、期待に反して次のアタリが出る事はなく、再び静寂の時間に逆戻りした。そして2尾目のカワハギが釣れたのは、持参したお弁当を食べ始めたお昼前。アタリは間遠く・・・

これもドラグを短く滑らせるアタリで、同サイズがヒットした。エサはいずれもマムシで、しっかりとハリをくわえ込んでいた。

この調子だと、目標としていた2ケタ釣果は厳しい。「家族4人分で食べられる分だけでも釣って帰りたい」と言う事で、楽しみにしている磯の上でのお昼寝も中止。

次のページで最終釣果を発表!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。