アジングで25cmオーバー本命入れ食い ボトム狙いが吉【柏原漁港】

アジングで25cmオーバー本命入れ食い ボトム狙いが吉【柏原漁港】

1月26日と29日に、自宅から近い柏原漁港(福岡県遠賀郡芦屋町)へアジングに出かけた。両日ともに、25cm以上の良型の数釣りを楽しめた。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

柏原漁港で良型狙い

1月29日、この日も北から向かい風が吹く中、柏原漁港にアジングへ。午後4時30分ごろ釣り場に到着。向かい風が強いからか釣り人の姿はなく、貸し切り状態で、早速、準備に取りかかる。

先日、バラシはしたが、再び良型ヒットを狙って、最初からワームは赤い粒の入ったアジングビーム3.5inchの蒔絵クリアに、ジグヘッドはタングステンの2gでスタート。

早々に26cmまでの良型アジ8尾キープ

先日同様、ボトム付近を丹念に狙ってみる。すると、1投目からアタリがあり、25cm、26cmクラスがヒット。それから怒涛(どとう)の連チャンで同クラスがヒットし、あっという間に8尾をキープ。

ただ、その後、良型の群れがいなくなったのか、アタリが遠のいた。ヒットしても23cmクラスで、ぽつぽつとしかアタリがない。「こんなに短時間で海の状況が変わるって、自然ってすごいな~」。

でも「日没近くにワンチャンスあるかも?」と信じ、表層からボトムと、ジグヘッドのロストを恐れずにボトム付近を丹念に探ったが、この日は何も起こらずにストップフィッシングとなった。

この日のキープは10尾。自宅に帰って、夜は刺し身、朝は漬け丼にして、おいしくいただいた。

<週刊つりニュース西部版 APC・鶴原修/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
柏原漁港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月21日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。