厳寒期の陸っぱりライトロックゲームでメバル 水温上がる今後さらに期待

厳寒期の陸っぱりライトロックゲームでメバル 水温上がる今後さらに期待

低水温で釣り物が少ない時期でも根魚狙いのライトゲームなら楽しめる。ということで2月2日と11日の2回、兵庫・林崎漁港に釣行したので、その模様を紹介したい。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・原田誠司)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

電車釣行も可能な林崎漁港へ

水温が低く釣り物が少ない季節でも楽しめるのが、ルアーのライトゲーム。厳寒期の代表的なターゲットといえばメバルだが、他にガシラやタケノコメバル、ソイなども姿を見せてくれるので、ライトゲーム用のタックルさえあれば様々な魚種を楽しむことができる。

林崎漁港は山陽電車・西新町駅または林崎松江海岸駅から徒歩10分ほどの場所なので、電車での釣行も可能。足場がよく釣り場が広いのも特徴だ。基本的に常夜灯のある港内で数釣りが楽しめ、外側にある広いベランダは数釣りはあまり期待できないもののサイズが狙える。

厳寒期の陸っぱりライトロックゲームでメバル 水温上がる今後さらに期待林崎漁港のベランダ(提供:WEBライター・原田誠司)

当日のタックル

当日のタックルは、アジングロッドである権蔵鯵丸622LSに、リールはライトゲームに適したネロスト1000S、ラインはフロロの2lb。ルアーは1g前後のジグヘッドに1.5inch前後のピンテール系のワームを主に使用。魚をつかむためのフィッシュキャッチャーRミニも持参した。

2月2日の釣り

2月2日は、午後6時ごろから釣り開始。まずは手堅く港内をジグヘッドで探ってみる。すると数投目にタケノコメバルがヒット。ワームをかえながら狙うと、その後も順調に釣れ続き、1時間ほどで19cmまでのタケノコメバルを10匹キャッチできた。

厳寒期の陸っぱりライトロックゲームでメバル 水温上がる今後さらに期待港内はタケノコメバルが連発(提供:WEBライター・原田誠司)

順調に釣れ続くのでこのまま続けても面白いのだが、メバルも釣りたいと思いベランダに移動してみる。ここには常夜灯がないため暗くて数釣りの期待はあまりできないが、このような暗い場所のほうが良型が出やすい。

潮がヨレる場所を探っていると18cmまでのメバルがポツポツと釣れる。ここでは1時間ほどで18cmまでのメバルを6匹釣り上げた。続ければさらに釣果は伸ばせるが、翌日の仕事のことを考えて早めに納竿とした。

2月11日の釣り

2月11日もメバル狙いで同漁港に釣行。釣り場に着くとまだ潮位が低かった。これは苦戦しそうだと思いながらも港内からスタートする。常夜灯で明るい港内を少しずつ移動しながら狙ってみるが、釣れるのは小型ばかり。そこでサイズを求めてベランダに移動する。

潮がヨレる場所を探してドリフトなどで狙うと、17~19cmのメバルがポツポツとヒットする。厳寒期のメバルは流れてくるベイトを捕食することが多く、ルアーを追う距離が短いため、リールを巻くスピードをかなり遅くしたりドリフトなどで狙うのが有効だ。ただし今年は暖冬の影響か通常の狙い方で釣れるメバルもけっこういる。

厳寒期の陸っぱりライトロックゲームでメバル 水温上がる今後さらに期待当日のタックルと仕留めたメバル(提供:WEBライター・原田誠司)

順調に釣れるうえに潮位も上がってきたので、これからさらに釣果が上向きそうなのだが、この日も翌日が仕事だったので早めに納竿とした。

今後の展望

低水温の時期でも楽しめるライトゲームは水温が上昇してくる今後はさらに面白い釣りができる。短時間でも手軽に楽しむことが可能だ。皆さんもルアーのライトゲームに出かけてみてはいかがだろう。

<原田誠司/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
林崎漁港

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。