潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】

潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】

2月3日は平日だが休みが取れたので、久々に和歌山の白浜町市江へ単独釣行をしてきました。この日は潮が動けばグレ(メジナ)が反応する状況で、一時は連発を楽しむことができ、大満足の一日となりました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本俊介)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

潮変わりで本命グレ

この潮になってエサ取りも消えてさしエサも残ってきたので、「そろそろグレが食ってくるだろうなぁ」と思っていたら、ウキが入って見えなくなる寸前にラインをグーンと持っていくアタリがきました。これをアワせるとなかなかの重量感で、引き方からも突っ込み加減からもグレだと確信。

根だらけなので強引にやり取りしないと入られて終わりなので、掛けてからは一気に浮かせる感じでやり取りをしました。

この1匹を切っ掛けに2匹、3匹と追加でき、取り敢えずの目標とした数まで後2匹となりました。「今の感じなら行けるかなぁ」と思っていたのですが、急に北西風が強くなるというか爆風にかわり、潮も上がってきて足元を洗うようになったので、先端での釣りはここで終了となりました。

潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】使用したウキと仕留めたグレ(提供:WEBライター・山本俊介)

船着き側に移動

この時点で10時過ぎ。次は船着き側に移動します。こっち側は後ろからの風になるのでウキをD-flatz53P-J6に変更。小粒タイプですが風を利用すれば十分遠投も可能です。船着き側も同じくシモリが点在してる上に真横に伸びる根もあるので、浮かせての釣りです。

12時前が丁度満潮なので、潮は止まりかけの時間帯。ここへは今日初めてまきエサを入れますが、1投目からアタリが出ました。しかしグレのアタリではなくウキが一気に消し込まれるもので、正体はサンノジ(ニザダイ)。

軽い仕掛けを使い、仕掛けを浮かせている上に潮もほぼ動いてないのに魚の活性はあるようで、本命のグレはだめでしたが釣り始めから満潮、そして下げの潮が動きだすまで3時間ほどは暇しない程度にサンノジが続きました。

潮が動きだすとグレの反応

そしてしっかりと潮が動きだした13時過ぎ、ウキがシモって行くけれどそこから持って行かない微妙なアタリが出だします。「グレっぽいなぁ」と思って、まきエサの先打ち→仕掛け投入→追い打ちのパターンで狙っていきます。

追い打ちはできるだけ塊ではなく切って散るように打ち、タイミングをかえ色々と試していきます。すると、ウキがスーッと消し込むアタリやジワジワ入っていきスッと速度が上がるアタリが出だし、それから連発モードに突入しました。

ただし食ってくるポイントは限られていて、そこからずれてしまうとサンノジが食ってきたり、エサ取りにやられてしまいます。しかし、流す位置やラインの置き方やまきエサの打ち方をしっかりやれば食ってきました。

この様な感じで終始サオが曲がる状況となり、当初の目標としていた数より釣ることができました。そして、15時半になりまきエサもなくなったので、磯を清掃して納竿としました。

なお、帰ってグレをさばくと白子入りだったので、白子ポン酢にし、皮の湯引きとおいしくいただきました。

潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】白子ポン酢と皮の湯引き(提供:WEBライター・山本俊介)

<山本俊介/TSURINEWS・WEBライター>

▼この釣り場について
吉丸渡船
出船場所:市江港

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。