潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】

潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】

2月3日は平日だが休みが取れたので、久々に和歌山の白浜町市江へ単独釣行をしてきました。この日は潮が動けばグレ(メジナ)が反応する状況で、一時は連発を楽しむことができ、大満足の一日となりました。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・山本俊介)

TSURINEWS編集部

海釣り 磯釣り

一人磯『クダケ』に渡礁

平日ということもあり、土日に比べるとかなり少ないお客さんの数でした。とはいえ20人近くが来ていました。この辺のエリアはまだ安定してグレが釣れていますが、それでも日によっては全然釣れなかったりもします。

船長にあいさつをして、今日は一人なので一人磯があればお願いしますと伝え、「クダケ」という磯に渡してもらいました。市江の磯は何度となく来ていますが、まだ乗ったことない磯なので練習にはなりそうです。前日の釣果より多くを目標にしました。

当日のフカセ釣りタックル

当日の私の仕掛けは、サオがVIP ISO AGS TYPE Ⅰ、リールはトーナメント競技LBD、ミチイトはレグロンワールドプレミアム1.2号、ウキはD-flatz53P-J6とi-style marcato0シブ、ハリスがEXハイパー1.5号、ハリは全層激刺グレ4号、オモリは直結下にG8としました。

磯に降りる前にもらった船長からのポイントアドバイスと磯周りは比較的浅いうえまだ干潮からの上げが入った時間帯なので、それらを考慮して仕掛けを組みました。

いつもならD-flatzのP-0かP-01を使って沈め気味に釣るのですが、浅い上にシモリが点在しており、深く入れすぎると根に入られて獲れない可能性が高かったので、i-style marcato0シブの浮かせての全層釣りとしました。

沖向きでは本命アタリなし

潮動けばグレ活発 寒の磯はフカセ釣りパラダイス【和歌山・白浜】釣り場風景(提供:WEBライター・山本俊介)

7時ごろ、最初は沖向きのポイントで釣りをスタート。左斜め前にはデカイシモリがあるので、それらの近くに狙いを定めました。

とりあえずまきエサを多めに打ち、仕掛けを投入します。本当なら足元からやりたかったのですが、サラシがあり仕掛けが安定しなかったので、少し遠投気味で始めました。グリーンカラーのウキは個人的によく見えるので、少々遠投しても視認がし易くオススメです。

ここでしばらくやってみましたが、何の反応もなくさしエサだけ取られる状況。軽い仕掛けのため、馴染んだころにベラが食ってくる始末。極端に浅いのだろうと思い狙い場所を変更します。

場所を変更でコッパから顔見せ

右側も見た感じ浅いのですが、シモリというよりも沖に向かって縦に伸びている根があり、それに平行して溝ができてる感じです。そのためサラシの影響もなく、潮もじんわりと沖へ出ていっていたので、こっちの方がやりやすい感じでした。

とりあえずやってみて反応を見ないと分からないので一流しすると、仕掛けがなじむ前にラインが弾かれました。重量はなくあっさり浮いたのはコッパ尾長…。「これが沸いていたりすると厄介だな」と思いましたが、続かずで一安心です。

小1時間はこれといった反応がなく、たまにキタマクラやその他のエサ取りが釣れる感じでしたが、9時前になって潮が動きだします。上り潮が足元からまっすぐ出ていき、20mくらい沖から右へ流れだしました。

次のページで本命登場!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。