東京湾の定番『LTアジ』釣りに挑戦 3時間で100尾超え【黒川本家】

東京湾の定番『LTアジ』釣りに挑戦 3時間で100尾超え【黒川本家】

こんにちは。杉田千紘です。1月14日(火)、東京湾横浜山下橋の黒川本家から午前船のLTアジで釣行しました。この日が本年の初釣りで、何としても幸先がいいスタートを切りたいです。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:杉田千紘)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

黒川本家で半日LTアジ釣行

黒川本家の半日LTアジ船に乗船。実釣時間は4時間ほど。短時間でどれだけの魚を釣ることができるでしょうか?

小型両軸リールにバリバスの「小船マスターPEライン」2号をミチイトとして巻きます。ロッドは7対3の調子の万能竿を使用。天ビンとビシは船宿でレンタルします。エサは赤短。仕掛けはバリバス「船仕掛けマアジ」の2本バリと3本バリを用意。

1尾目ヒットも取り込み失敗

さあ出船。ポイントまでは10分足らずで到着。コマセを詰めて投入、せっせとまいて魚を寄せます。「アジよこーいっ!」そう願っているとほかの人たちは続々ヒット。

「私も釣りたい」とタナを丁寧に探っているとアタリ。「念願の今年1尾目」となるはずが…痛恨のバラシ。久しぶりのアジ釣りだったので取り込みでもたついてしまいました。

追い食いで数を伸ばす

皆さんは順調に数を伸ばしていて、私の竿にも常にアタリがあります。赤短はエサ持ちがいいので、手返し重視でどんどん攻めていきます。効率よく、たくさん釣りたいので、魚が掛かっても追い食い狙いで少し待ちます。

すると、グングンッっと狙い通りに2回目の反応でダブル。使っているハリはフッキングしやすい形になっているので、次々に掛かってくれます。

東京湾の定番『LTアジ』釣りに挑戦 3時間で100尾超え【黒川本家】イシモチとのダブルヒット(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

アタリが少なくなってきたらコマセをまいた後、少しだけ竿を上にゆっくりあげて誘うと、すぐに食い付きます。待つだけでなく、多少アクションを加えることで食い気を上げられるのだと実感。

3本バリ仕掛けでペースアップ!

どんどん数を伸ばして、1時間で30尾を超えました。調子がいいです。もっとたくさん釣っている常連に聞くと「3本バリを使っているよ」と言うのでマネをします。手返しがきちんとできれば数は伸びそう。

エサは変わらず赤短。潮が濁っている時は「青イソメがいい」とは聞きますが、食いがたっている時はどちらも変わらないみたい。

3本バリ仕掛けにしたら多点掛けが連発。さっきよりもペースアップです。サイズは朝方より大きくなってきたので引きが凄い。

東京湾の定番『LTアジ』釣りに挑戦 3時間で100尾超え【黒川本家】3本バリ仕掛けでペースアップ(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

3時間で100尾超え!

3時間でアッとゆう間に100尾越え。この数は人生初です!コマセをまけばすぐにアタるので「本当にいい日に当たったな」と思いました。

東京湾の定番『LTアジ』釣りに挑戦 3時間で100尾超え【黒川本家】良型のアジも(提供:週刊つりニュース関東版 杉田千紘)

私が夢中でアジ釣りをしていると、ほかの人たちがなにやら騒がしい。「なんだろう」と見ると、丸々太ったサバが登場。この時期ならではの脂が乗って、とても美味しいそうですよ。

回遊してきたタイミングで常連たちはせっせと確保。「私も釣りたいなあ」と思いながらも、ここまできたらどこまで数を伸ばせるか挑戦したくなっていてアジだけを狙い続けます。

次のページで最終釣果と簡単レシピを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。