真冬のボートエギングで1.7kgアオリイカ キロ超え中心に5尾【大分】

真冬のボートエギングで1.7kgアオリイカ キロ超え中心に5尾【大分】

1月上旬、大分県南・蒲江で1kgアップのアオリイカが釣れていると情報を貰い、友人が操船してくれるというのでボートエギングに行って来ました。今回はレンタルボートの尾浦丸にてボートを借りて漁港近くの瀬の入った場所を狙っていきます。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

レンタルボードでエギング

尾浦丸のボートのレンタルは日の出からと言うことなので、午前7時ごろ、尾浦港に到着するとボートを用意して待っていてくれました。あいさつして船の操作などをレクチャーしていただいてから船に乗り込みます。

ポイントは港を出てから10分ほどで到着し、すぐにキャストを始めましたが、反応がなく500mほど移動して隣の瀬を攻めることにしました。

真冬のボートエギングで1.7kgアオリイカ キロ超え中心に5尾【大分】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

1.7kg大型アオリイカキャッチ

キャストをしてシャクり始めるとコツンとアタリを感じましたが乗りません。そのままイトを少したるませてフリーフォールで少し待つとスーッとイトが引っ張られたのでフッキング。グイーンとイカ独特の引きに思わず笑顔になります。

次のアタリを求めてキャストを続けます。水深は8~12mなのでノーマルタイプのエギを使用します。着底まで待ち、シャクっていくと3回目のシャクリからのフォールでグイッと強い引きに思わずフッキング。

ジジジっとドラグが鳴り、良型と確信。慎重に寄せてくると、やはり抜き上げられないサイズ。急いでタモを用意して取り込み、重量を測ってみると1.7kgで、このシーズンではとても大型!嬉しい1尾でした。

真冬のボートエギングで1.7kgアオリイカ キロ超え中心に5尾【大分】このシーズンでは大型1.7kgに笑顔(提供:週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代)

1キロアップを追加

ペアの個体も大きいはずと近くにキャストしていくと、読みは大正解。フルキャストから着底さて軽く3回シャクり、フォール中にズシンとエギを引ったくるアタリにフッキング。

またもジジジっと勢いよくドラグが鳴ります。先ほどのより少し小さいと判断し、強引に寄せてくるとやはり良型、1kgアップのアオリイカにニッコリ。

最終釣果

この日は、最初はアタリがなく不安になりましたが、中盤からイカの活性が上がり、個人の釣果として5尾(うち1kgオーバー3尾)となかなかの釣果。

昼からは風が強まり納竿しました。

この時期でも1kgオーバーも釣ることができる場所もたくさんあります。ぜひ、みなさんも冬のアオリイカ釣りに挑戦してみて下さいね。

<週刊つりニュース西部版 APC・花村悦代/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
尾浦丸
出船場所:大分県佐伯市・蒲江浦
この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年1月31日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。