好調の外房ヒラメ釣りで船中全員1㎏オーバー本命手中【春日丸】

好調の外房ヒラメ釣りで船中全員1㎏オーバー本命手中【春日丸】

「外房大原出船でヒラメが好調」と聞き、1月10日(金)、春日丸から釣行した。当日は、船中最大1.6kgを頭にワラサが混じり全員が良型を手中にできた。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

ヒラメ狙いで春日丸へ

晴れの予報だったが、小降りの雨天。4時40分に船長が到着、3人の釣り客は右舷に並んで座る。常連の中島さんがミヨシ、もう1人は胴の間、私はトモだ。

まだ真っ暗のなか、5時35分出船。船は真沖に進むがウネリは大きくかなり揺れる。航程20分でポイント着。「着きましたから支度して下さい」のアナウンス。見れば10隻ほどの船団になっている。

「はい、時間ですね、やってみましょう。水深は15mです」で開始。イワシの鼻の硬い部分に親バリ、背ビレの後ろの尻尾に近いところに孫バリを掛ける。

オモリが着底。仕掛けはそれほど流されないが、ウネリで竿は1m以上、上下する。タナをオモリが底をたたく位置にして、竿先をウネリに合わせて動かすが、それでも対応しきれない。時折、体が浮いてしまうほどの波で釣り辛い。

早々に1kg超えのヒラメが登場

6時10分、いきなり竿先がガガガンと持って行かれてフッキング。海面に姿を見せたのは1kg超え。

徐々に浅くなり、水深は15mくらいになったところで流し替え。中島さんにヒットするがこれはイナダ。私にはサワラが食ったのかハリス切れ。

ゴツゴツするような感触にイトを少し送ると、さらにグーッと引き込まれる。先程よりちょっと小さいが本命ゲットで2尾目だ。

中島さんは1.6kgを仕留めると、その15分後には2尾目。

雨は相変わらずパラパラと落ちてくる。ウネリに合わせて竿先を上下していると、クックックッと竿先が持って行かれる。これで3尾目だ。

1.3kg本命を追加!

9時半をすぎると、雨は止んで雲が切れ明るくなってくる。

再びゴンゴンゴンと引き込まれそのままフッキング。途中、浮いたのは1.3kg。私の獲物では最大の4尾目で満足。

好調の外房ヒラメ釣りで船中全員1㎏オーバー本命手中【春日丸】筆者は4尾を上げて大満足(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

それまで不調だった胴の間にヒット。これは1kg強だ。これで全員が型を見る。

11時ごろ、中島さんの竿が大きく曲がる。引きが強く、巻き上げられないようだ。激しく竿がたたかれるのでヒラメではなさそうだが、なかなかの大物。10分ほどやり取りしてやっと海面に姿を見せたのはワラサだ。

その後はアタリなく11時半、「はい、時間ですね。終わりにしましょう。お疲れ様でした」と沖上がりのコール。

最終釣果

船中釣果は中島さんが2尾、胴の間が1尾、私が4尾だった。皆が1kgオーバーを手中にして、最大は中島さんの1.6kg。同氏はゲストにワラサとイナダ2尾。

「航程5分のポイントを狙いました。中盤から順調になり、サイズがよくてオデコなし。ワラサが交じり、引きを楽しめたと思います」と船長。

ウネリが大きく釣りづらかったなか、なかなかの釣果。波が静かならもっと数は伸びたはずだ。

好調の外房ヒラメ釣りで船中全員1㎏オーバー本命手中【春日丸】当日の釣果(提供:週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹)

1.3kgを捌いて刺し身にすると、3つの皿が一杯になった。残った身はカルパッチョに。ほかの3尾は冷凍にして後日ムニエルにする予定だ。

<週刊つりニュース関東版 APC・廣瀬正樹/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:春日丸
好調の外房ヒラメ釣りで船中全員1㎏オーバー本命手中【春日丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年1月24日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。