四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?

梅雨時の主役といえば、ウナギやアナゴといった長モノたち。どちらも身近な場所で狙え、しかも極上の食味まで楽しめるうれしいターゲットだ。というわけで今回は6月17日、20日のアナゴ釣りを紹介したい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

20日はチョイ投げ

そんな話を聞いては黙っていられない。そこで20日に再度釣行してみた。午後7時半ごろに先行の大威さんたちと合流し、この日はサオを使用して本気で狙う。

エサは前回同様にアオイソメを使用し、サオはチョイ投げが2本と足元に1本。まだ潮位が低いせいか、この日は思いの外に反応が渋い。

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

1匹目は15cmキス

最初のアタリは空振り。次のアタリもスッポ抜けたかと思いきや、何やら生命反応がある。巻き上げてみれば、なんと15cmほどのキス。先ほどの空振りもキスの仕業だろうか。

それでも続くアタリでは40cmほどの本命をキャッチ。隣では大威さんも良型をキャッチしている。

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?エサ取りの正体は、何とキス(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

最終釣果

その後も食い込まないアタリに悩まされながら5匹を追加。午後9時を回ったころからアタリが遠のいたので、9時半に終了とした。この日の釣果はアナゴ6匹とキス1匹だったが、サオ釣りということもあって1匹もハリをのまれることなくキャッチできた。

この日は大威さんにもキスがヒットしていたので、食い込まないアタリの何割かはキスだった可能性もありそうだ。こちらも魅力的なターゲットなので、次回はぜひ昼間に狙ってみたい。

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?20日の釣果は6匹(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

夏が旬のアナゴだが、釣りの盛期は梅雨明けまで。この記事が掲載されるころには、そろそろ終盤戦となる。この時期ならではの良型アナゴ、夕涼みも兼ねて出掛けてみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版APC・浅井達志/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
四日市港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年7月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。