三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹

三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹

6月19日、三重県桑名市を流れる員弁川下流部へテナガエビ釣りに行ってきた。様子見も兼ねた今シーズンの初釣行は、正味1時間の短時間釣行ながら良型のオスを中心に9匹の釣果を得たので、その模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 小魚釣り

員弁川下流部でテナガエビ釣り

梅雨のこの時期、近場で楽しめる釣りのひとつにテナガエビがある。日中に狙うのが一般的だが、私は夕涼みも兼ねて夜釣りで狙う。というのも、テナガエビは本来夜行性。逆に外道のハゼやチチブなどは暗くなると活動が鈍くなるため、本命だけを高確率で狙うことができるのだ。

様子見も兼ねた今シーズンの初釣行は6月19日。とはいえ、この日は子供の塾の日だ。送迎を考えると、釣りができるのは正味1時間。貴重な日曜日がこれでいいのか、という疑問はあるが、私と同じ過ちを繰り返さないためにも親としての責任は果たしたい。

そんなわけで、三重県桑名市を流れる員弁川下流部に到着したのは午後7時45分ごろ。潮はまだ低いが、そろそろエビが浅場に差してくる時間だ。早速2.7mの渓流ザオに仕掛けを結び、米粒大にカットしたイシゴカイの塩漬けをハリ先にセットする。

三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

初モノはやや小ぶりのメス

同じタックルを3本用意して順に投入。全てのサオが並んだところで、最初のサオを軽く聞きアワせてみる。いつもなら既にウキが忙しなく動いているところだが、この日は妙に静か。案の定、エサはそのままだ。

三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹夜釣りならゲストは低活性(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

投点を変えて打ち直し、しばらく様子を見ているとようやく反応があった。横に移動していたウキが落ち着けばエビがエサを口に運んだ合図。そっと聞きアワせると、エビが跳ねる手応えと同時にヒットした。

今期初のテナガエビは、やや小ぶりのメス。大物ではなかったが、初モノというのはうれしいものだ。

三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹テナガエビ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

20cm近いオス登場

ところが、ここから再び沈黙が続く。嫌な予感がしたので水中をライトで照らしてみると、いつもなら何匹も確認できるエビが見当たらない。これでは釣れないのも当然だ。

粘れば潮とともにエビも上がってくるはずだが、今回は時間に制限がある。そこで少し移動して念のため水面を照らすと、カケアガリにチラッと見えたのは立派なハサミのオス。急いで仕掛けを投入すると、間髪入れずにウキが動き始めた。

タイミングを見計らって聞きアワせると、重量感が伝わってくる。上がってきたのは、手を伸ばせば20cm近いオス。長いハサミを振り上げて威嚇する姿は迫力満点だ。

三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹テナガエビ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

潮位上昇とともにペースアップ

その後も退屈しない程度にヒットは続く。さすがに連発とまではいかないが、上がってくるのは良型ばかりだ。

潮位の上昇とともにヒットもペースアップする中、迫り来るタイムリミット。せめてツ抜けくらいはしたいところだが、果たして間に合うだろうか。

三重県の河川でテナガエビ釣り 夜の短時間釣行で22cm頭に9匹テナガエビ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページで最終釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。