四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?

梅雨時の主役といえば、ウナギやアナゴといった長モノたち。どちらも身近な場所で狙え、しかも極上の食味まで楽しめるうれしいターゲットだ。というわけで今回は6月17日、20日のアナゴ釣りを紹介したい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

四日市港でアナゴ釣り

まずは17日。この日は潮がいいのでウナギと迷ったが、所用で四日市まで行く予定があったので、ついでにアナゴを狙うことにした。

釣り場の四日市港に着いたのは午後7時半ごろ。先行していた仲間の大威さんと樫野さんは、既に何匹かキャッチしているようだ。

ペットボトル釣法のタックル

時間の余裕もないので、手軽なペットボトル釣法で狙う。タックルは500mlのペットボトル。ミチイト5号を40m巻き付け、中には半分ほど水が入れてある。

オモリは中通し10号にハリス2号30cm、丸セイゴ10号の1本バリ仕掛けだ。エサはアオイソメの1匹掛け。

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?ペットボトル釣法(作図:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

釣り方

ボトルの先を沖に向け、オモリを投げればスピニングリールのようにイトが出ていく。あとはイトフケを取り、ボトルの首にイトを数回巻き付けてアタリを待つ。

アタリがあればボトルが倒れるか、食い上げの場合はイトがたるむ。繊細なアタリは取れないのでハリをのまれることも多く、基本的にはキープ前提の釣りとなる。

40cm頭に5匹キャッチ

15mほど沖に投入し、ペットボトルを3本並べて待つ。すると程なく、1本のボトルが音を立てて倒れた。スルスルと出ていくイトを手に取り、魚の手応えを確認してからアワセを入れる。

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?ペットボトル釣法は手軽に楽しめる(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

あとはイトを手繰って魚を取り込むだけ。このとき、細いイトは手に食い込んだり絡んだりするので、太めを使用したい。

ボトルに巻きながら寄せる人もいるが、時間がかかる上にイトがたるんでバラシの原因にもなる。イトを巻き直すのは、魚を外したあとが正解だ。

無事キャッチしたのは40cm弱の本命。この時期だけあって、よく肥えたおいしそうなアナゴだ。こんな調子で1時間弱、釣果は35~40cmの食べごろサイズ5匹だった。

釣友は20匹

今回は所用のため早々に撤収したが、大威さんは9時半まで粘って20匹ほどの釣果だったそうだ。

四日市港の夜釣りでアナゴ11匹 竿とリールがなくても釣りは成立?17日大威さんは両天秤でダブル(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

次のページでチョイ投げで狙った20日の釣行をリポート

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。