釣り人的「ひと手間」レシピ:タチウオの若狭焼き 優しい出汁が決め手

釣り人的「ひと手間」レシピ:タチウオの若狭焼き 優しい出汁が決め手

〝夏タチ〟がシーズン真っただ中だ。今回は釣り好き店主(藤まる食堂)いち押しの「タチウオの若狭(わかさ)焼き」を紹介。最近は保存食としても注目されつつある。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

釣り場での下処理

ハリ掛かりしたタチウオは、そのままクーラーに入れる。釣り上げてすぐに、船べりなどにタチウオの頭を打ち付け、動かなくなったところでクーラーに収める人もいるが、見た目があまり芳しくない。確かに「野絞め」にはなるものの、せっかくの海の恵だけに優しく扱ってほしい。どうせ締めるなら、柄の長い手鉤などで絞めよう。

自宅での下処理

持ち帰ったタチウオはクーラーから取り出し、軽く水洗いする。次に魚をまな板にのせ、頭とワタを取り、尾っぽの先端をカットする。これで下処理の完了。すぐに食べない場合は、そのままキッチンペーパーに包んでラップをかけ、冷蔵室内のチルドに入れておこう。

3枚におろす

下処理を終えたら、3枚におろしていく。薄っぺらな魚だけに、包丁をしっかり寝かせ、丁寧にさばいていきたい。

食べやすい大きさにカット

3枚におろしたら、食べやすい大きさにカットする。魚のサイズにもよるが、指3本幅のもので7~8cmがちょうどいいだろう。

若狭地(タレ)に漬ける

カットしたタチウオは若狭地(タレ)に漬け込む。タレの割り下は次の通り。水6、薄口しょう油1、みりん1。甘が強いほうがいい人は、みりんを2にしてもOK。

参考までに若狭地は、福井県から京都府を結ぶ若狭湾が発祥。シケなどで魚が獲れない日のために、料理人が考えた伝統的な保存方法。ただ、諸説あるうえ、使う調味料などもかわりつつある。

釣り人的「ひと手間」レシピ:タチウオの若狭焼き 優しい出汁が決め手若狭地(タレ)に漬ける(提供:TSURINEWSライター松田正記)

蔵室内で干す

ここからは干す工程。まずは魚をタレから上げ、キッチンペーパーなどで水気を切る。この季節、専用の干し網を使うと害虫が寄ったり、暑さで傷んでしまう。そこで冷蔵室内を利用する。方法は至ってシンプル。魚を皿に並べ、そのまま冷蔵室内に放置するだけ。

釣り人的「ひと手間」レシピ:タチウオの若狭焼き 優しい出汁が決め手冷蔵室内で干す(提供:TSURINEWSライター松田正記)

干す時間

干す時間は6~8時間。これだとジューシーさが残り、酒の肴になる。2~3日干すと魚から水分が抜け、ご飯の友に。4~5日干せばカチカチになり、ダイコンやジャガイモと一緒に煮る料理にちょうどいい。

グリルで焼く

今回のいち押しは若狭焼き。この場合は6~8時間干したものが最高だ。グリルで焼くだけで香り高い、ほくほく感が口に広がる。

釣り人的「ひと手間」レシピ:タチウオの若狭焼き 優しい出汁が決め手グリルで焼く(提供:TSURINEWSライター松田正記)

保存について

保存する時はラップに包んで冷凍する。どの干し方も3~6か月は保存できる。シケで釣りに行けない時に、いろいろな料理を試してほしい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。