陸っぱりアナゴ釣りで【胴つき仕掛けを使うメリットとデメリットを解説】

陸っぱりアナゴ釣りで【胴つき仕掛けを使うメリットとデメリットを解説】

釣って楽しく、食べて美味しいアナゴ釣り。遠投したり、ちょい投げしたりと、狙い方はたくさんあります。そんな、アナゴ釣りには、胴つき仕掛けが効果的です。釣れる確率を上げることができます。今回の記事では、アナゴ釣りで使用する胴つき仕掛けについて解説します。初心者の方や、釣果に伸び悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライターあつ)

あつ

アウトドアライターのあつです。釣り歴は10年以上。ショアからオフショアまで幅広く釣りを楽しんでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

アナゴは胴つき仕掛けで釣れる

アナゴは胴つき仕掛けでも釣れます。ぶっこみ釣り仕掛けが一般的ですが、胴つき仕掛けも負けていません。状況によっては、胴つき仕掛けが有利になる場合もあります。アナゴ釣りの選択肢を増やすためにも、揃えておきたい仕掛けです。

胴つき仕掛けを使うメリット

アナゴ釣りに胴つき仕掛けを使うメリットを紹介します。魅力が分からない方は、確認してみてください。

陸っぱりアナゴ釣りで【胴つき仕掛けを使うメリットとデメリットを解説】胴つき仕掛けでアナゴ釣り(提供:TSURINEWSライターあつ)

エサが目立つ

胴つき仕掛けは、エサが目立ちます。オモリより上にハリがついているからです。ラインを張れば、仕掛けを立たせてアピールできます。ぶっこみ釣り仕掛けは、オモリより下にハリがあるので目立ちにくいです。胴つき仕掛けを使えば、水中で目立ってアナゴが見つけやすくなります。

地面にエサが埋まらない

胴つき仕掛けは、地面にエサが埋まりません。オモリが仕掛けの1番下にあるので、エサが地面に触れにくくなっています。底が砂地や泥の場合は、エサが埋まりやすいです。アナゴがエサを見つけにくくなってしまいます。地面に埋まらずにバイトを誘えるのも、胴つき仕掛けのメリットです。

多点掛けができる

胴つき仕掛けには、ハリが2?3個ほどついています。アナゴが群れているときには、多点掛けが可能です。1匹のアナゴが食いつくと、周りのアナゴも連鎖して食いつきます。胴つき仕掛けを使えば、爆釣も夢じゃありません。

次のページで胴つき仕掛け使用のデメリットを紹介!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。