2022年オススメ渓流釣り場:山梨・小菅川 定期的な成魚放流が魅力

2022年オススメ渓流釣り場:山梨・小菅川 定期的な成魚放流が魅力

オススメ渓流釣り場として、山梨県・小菅村を流れる小菅川を紹介する。水質は抜群で景観がよく、ときには尺イワナやサクラマスが釣れることがある。定期的に成魚放流が行われるので、入門者でも楽しめるはず。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・内藤茂幸)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

小菅川の特徴とタックル

山梨県・小菅村を流れる小菅川は3月5日(土)に解禁。水質は抜群で、渓魚は美味しく、大好きな河川の一つ。景観がよく、ときには尺イワナやサクラマスが釣れることがある。定期的に成魚放流が行われるので、入門者でも楽しめるはず。

タックル&エサ

タックルは竿が5~6m、ミチイトは通常0.2~0.3号。

エサは定番のイクラ、ブドウ虫、ミミズ。食いが渋く、アタリが小さいときは、オニチョロやキンパク、ヒラタ、ピンチョロなどの川虫が有効。

ポイント

おすすめのポイントを紹介しよう。

C&R区間

最下流の奥多摩湖~バックウォーターは、フライ、テンカラ、ルアーのC&R区間。ニジマスのほか、ヤマメ、イワナが放流され、サクラマスの遡上もある。

2022年オススメ渓流釣り場:山梨・小菅川 定期的な成魚放流が魅力C&R区間上流の淵(提供:週刊つりニュース関東版APC・内藤茂幸)

余沢橋周辺

エサ釣りは、前区間が終わる余沢橋の100mほど下流から。1つ目のオススメは、少し上流にある淵。例年、魚がたまる場所。同橋の上流では、昨シーズン初期にイワナ、終盤には瀬でニジマスが入れ掛かりになった。

清流苑周辺

清流苑下の上流は、魚止めの滝があり、遡上した魚は、この場所で止まる。大物こそ出なかったが、尺イワナを数尾も上げている。

2022年オススメ渓流釣り場:山梨・小菅川 定期的な成魚放流が魅力清流苑下の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・内藤茂幸)

フィッシングヴィレッジ周辺

フィッシングヴィレッジ下流は、専用駐車場がありエントリーしやすい。大雨後は、同釣り場から魚が流れてくることがあるので、ミチイト0.4~0.6号の太仕掛けがいい。

2022年オススメ渓流釣り場:山梨・小菅川 定期的な成魚放流が魅力フィッシングヴィレッジ下流(提供:週刊つりニュース関東版APC・内藤茂幸)

その上は冬季C&R区間になっているエリア。その魚たちが、そのまま残っているので解禁日はチャンス。

2022年オススメ渓流釣り場:山梨・小菅川 定期的な成魚放流が魅力冬季限定マス釣り場(提供:週刊つりニュース関東版APC・内藤茂幸)

上流域

ここより上流域は、準天然魚主体。川幅が小さく、水量も少なめなので、増水時に狙うイメージ。

<週刊つりニュース関東版APC・内藤茂幸/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
小菅川
問い合わせ:小菅漁協 TEL=0428(87)0741
この記事は『週刊つりニュース関東版』2022年3月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。