釣り人的「春」レシピ:クロ(メジナ)の白子料理 冷凍保存も可能

釣り人的「春」レシピ:クロ(メジナ)の白子料理 冷凍保存も可能

春グロの大半は真子や白子をたくさん詰めている。今がまさに「腹パン」だ。今回は白子を使った料理を紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター松田正記)

松田正記

TSURINEWSの〝レシピ〟が好きすぎて「藤まる食堂」をオープン。いろいろな釣りを紹介する地元(熊本)の釣りガイド。最新の釣果情報と魚料理のリアル二刀流です。

×閉じる

その他 レシピ

クロの持ち帰り方

クロの持ち帰り方や釣り場での下処理は慣れた方法でOK。

ただし、クーラーに入れる際、魚をギュッと押し込むと、真子や白子が漏れてくるので、少し余裕を持って入れていく。頭と尾っぽが交互になるよう、うまく並べながら収納していこう。

自宅での下処理

持ち帰ったクロはシンクに移して軽く水洗いし、頭を落としていく。次に腹に切り目を入れ、ワタと一緒に真子や白子を取り出す。

釣り人的「春」レシピ:クロ(メジナ)の白子料理 冷凍保存も可能白子を取り出す(提供:TSURINEWSライター松田正記)

取り出したものはワタを取って水洗いし、真子と白子に分ける。真子はカラスミや煮付けなど用にとっておき、白子はボウルなどに移す。

変色した部分を取る

ボウルに入れた白子は1つ1つ掃除していく。とはいっても筋と変色した部分を取るだけ。

釣り人的「春」レシピ:クロ(メジナ)の白子料理 冷凍保存も可能黄色い部分を取る(提供:TSURINEWSライター松田正記)

変色した部分とは苦玉(胆のう)の色が付着した黄色い所。そのままだと、少し苦いので、やはり取ったほうがいい。

刺し身や塩焼きなどに

掃除した白子は食べやすい大きさに切る。刺し身はそのまま皿に盛り、ワサビじょう油でいただく。塩焼きは軽く塩を振り、グリルで10分ほど焼けば完成。カボスやレモンを添えてもいい。

釣り人的「春」レシピ:クロ(メジナ)の白子料理 冷凍保存も可能食べやすい大きさにカットする(提供:TSURINEWSライター松田正記)

そのほか、てんぷらやグラタンもOK。グラタンの場合はカットした白子をグラタン皿に入れ、マヨネーズを加えた溶き卵を入れる。これに溶けるチーズを乗せて焼き上げる。以上が定番の白子料理になりつつあるが、塩焼きが万人受けするだろう。

意外な保存法

保存の目安は生食で2~3日だが、意外に冷凍もイケる。その際はカットしてキッチンペーパーに包み、ラップをかけて冷凍すれば3か月ほど持つ。解凍後は、刺し身よりも火を通す料理のほうが美味しい。

<松田正記/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。