釣り人的にぎり寿司レシピ:「シャリ玉」商品利用でラクラク&絶品に

釣り人的にぎり寿司レシピ:「シャリ玉」商品利用でラクラク&絶品に

釣り人のあいだで静かなブームになりつつある、「シャリ玉」を使ったラクラクにぎり寿司レシピをご紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

その他 レシピ

にぎり寿司作りはハードル高い

料理自慢の釣り人であれば、釣った魚を自ら捌いて刺身を楽しむ方は多いことと思う。

とはいえ、にぎり寿司を作るとなると少々ハードルが高くなってしまうのではないでしょうか。酢飯作りやシャリの握り方などは一朝一夕にはなかなか難しいものがある。

「シャリ玉」商品を利用

そんななか、いま一部の釣り人たちのあいだで静かなブームになっているものがある。

それは、にぎり寿司のシャリの部分だけをリーズナブルに購入できる、大手回転寿司チェーン店スシローが提供する「シャリ玉」というお持ち帰りメニューである。この商品は24個のシャリ玉が入って販売価格は税込390円(令和3年8月時点)。この商品を購入すれば難しいシャリ玉作りは一気に解決できる。

釣り人的にぎり寿司レシピ:「シャリ玉」商品利用でラクラク&絶品に釣果を手軽に寿司にしよう(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

今回は直近の釣行でマハタ、ヒラメ、キジハタと美味しい魚をキャッチできたので、以前から気になっていたスシローの「シャリ玉」を購入してにぎり寿司を作ってみることにしました。欲をいえばもう少し魚種がほしいところでしたが3種類でも良しとしましょう。

魚の下処理は丁寧に

魚が釣れたら魚が元気なうちにナイフと海水で血抜きをします。血抜きした魚はクーラーボックスにたっぷりの氷に海水をひたひたに注いだ海水氷などでなるべく鮮度のいい状態で持ち帰りましょう。

自宅に帰ったら魚はウロコを落とし、アタマを落とし、エラと内臓を取り、きれいに水洗いしたのち3枚(ヒラメは5枚)に下ろし、皮を引いて柵にしてもう一度さっと水洗いしキッチンペーパーなどで水分を吸わせなるべく水っぽさをなくします。

次のページで簡単にぎり寿司が完成!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。