新月&大潮のナイトアジングで27cm頭に22尾 ハリ折る大物も?

新月&大潮のナイトアジングで27cm頭に22尾 ハリ折る大物も?

先日大阪南港でアジの群れを見つけた。他魚種も含めトータル20尾超えした釣行をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

当日の状況

この日は新月周りの大潮の2日目。時合いに絡む18時頃に上げきりと潮周りとしては理想的で、しかも風予報はアゲインストで2m程度と出ていた。もともと重いリグを使う群れなので、これなら大丈夫だろうと車を走らせた。

しかし釣り場に立ってみると風が体感で5m程度吹いている。3gのジグヘッドがまともにキャストできず、一度などは後ろに飛んでいった。しかも非常に冷たい北風で、神経が削られる。時合いになんとかかけた1尾は、痛恨のドラグの設定ミスでラインブレイクして逃した。

ミス連発に泣く

18時まではともかく風と戦う覚悟でやっていたが、ミス連発で泣いた。

バックラッシュ、キャスト切れ、根掛かり、大型魚襲来でブレイク、キャストミスで堤防側のストラクチャーにラインが取られて切れる。そのたびにリーダーを結び直していたが、もう風が冷たくてまともな指先の操作ができない。一度などは、ガイドに通さずにリグを結んでしまった。そこで、「今はこの北風で釣りはできない」と一旦あきらめた。

ちなみに、帰宅後にチェックしてみたら、体感温度は5℃。それは寒いはずだ。

風裏でペースを取り戻す

風裏を一箇所見つけて、そこで釣ることにした。真っ暗なオープン打ち、しかもシャローなので、おそらく豆くらいだろうと思いながら0.6gのヘッドにストレートのワームで釣っていく。するとアタリが出始めた。

新月&大潮のナイトアジングで27cm頭に22尾 ハリ折る大物も?豆アジでスタート(提供:TSURINEWSライター井上海生)

豆アジが数尾。ちっこいタケノコメバルもきた。こうして釣りきることができると、精神状態が平常に回復してくる。この日は念押しでかなり着込んできたので、風は鬱陶しいが寒さは感じない。もう一度北風に正対して、ホットなスポットを打ってみることにした。

27cm級頭に22尾ゲット

ジグヘッド1.8gがこの日の正解。レンジキープ釣法で中層くらいをふわふわさせていると豆が連発する。大きめのワームにし、ボトム上でシェイクしていると、やっぱり出た、ベイトフィッシュパターンの大型アジ。最大27cm、25cm級が2尾。

新月&大潮のナイトアジングで27cm頭に22尾 ハリ折る大物も?トータルで22尾(提供:TSURINEWSライター井上海生)

16時からスタートして、20時30分まででトータルで22尾。最初の風トラブルには泣かされたが、なんとか数を揃えることができた。ちなみにリグのロストは5。まあまあ、結果的にこれだけ釣れたら許容範囲か。次からは「早めに風裏に入り、チャンスを待つ」というスタイルでもっと気持ちよく釣りたい。

新月&大潮のナイトアジングで27cm頭に22尾 ハリ折る大物も?最大27cm(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで尺アジの気配も?

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。