キャスティング&SLJで青物に根魚にマダイと多彩魚種が続々顔出し

キャスティング&SLJで青物に根魚にマダイと多彩魚種が続々顔出し

遊漁船リップルを利用してキャスティングとSLJのリレー釣行。八崎周りでスマガツオ、サワラ、オオモンハタなど、おいしい魚をどっさりゲットした釣りの模様をリポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

遊漁船リップルでリレー釣り

11月14日、午前5時に起きて熊本・天草の牛深魚貫(おにき)に向かう。今回は遊漁船リップルを利用してキャスティングとSLJのリレー釣り。

メンバーは釣友の原さんと野口さん。まずは八崎といわれるポイント周りからキャスティングでブリやヒラマサを狙う。が、潮が走ってない、上潮が軽すぎる。

八崎を回り、ダイビングペンシルを投げ倒すが「ダメだな。SLJに切り替えるか」。45gのTGベイト45g、グリーンゴールドを使用。

キャスティング&SLJで青物に根魚にマダイと多彩魚種が続々顔出しタックル図(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

ボイル狙いスマガツオ

ちょい投げして25mラインを引いて来るとバシャッバシャッ「ボイルだ!」。すぐに回収して船の真後ろに出たボイルの先にキャストし、小刻みにアクションしながら水面直下を引いて来るとゴンッ「乗った~」。

ジッジッジイー「よー引く、ヤズか? 違うぞ~この突っ込みはカツオだ」。水面に見えたのはスマガツオで無事にキャッチ。船長いわく前日は漁師が100尾釣り上げたとのことだった。

キャスティング&SLJで青物に根魚にマダイと多彩魚種が続々顔出しスマガツオ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

1m近いサワラもキャッチ

その後、少し移動してジグを巻き巻きしているとゴンッ。「なんか来たな、カツオじゃないぞ、なんだ? でも結構引く」。

サワラだ、デカい、頼む~切れないで~と願いつつファイト、「よし、浮いた」無事に取り込み、「このサイズはハタ、ブリ、マダイより嬉しい」。

サワラはこのサイズになると脂の乗りが半端なく炙(あぶ)りでやるとものすごくうまい。1m近いサワラを仕留め、今度はまたスマガツオだ。「お~、今日は釣れるぞ」。

70cmブリ族も追加

スマガツオを釣った後に潮が流れだしたと分かり、ダイビングペンシルの出番。キャストして引いてくるとドバッ「出たけどミスったぁ~」。

もう出ないだろうと、すぐにフォローでSLJで追撃。着底と同時に巻き始めるとゴンッ。「なんかきた、お~引くな~、首も振ってるな~、青物か…ヒラマサがいいんだけど」。

上がって来たのは70cmのハマチクラスのブリ。

キャスティング&SLJで青物に根魚にマダイと多彩魚種が続々顔出しブリ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

今度は野口さんに50cmクラスのマダイがヒット。さらに原さんにはオオモンハタがヒットした。

キャスティング&SLJで青物に根魚にマダイと多彩魚種が続々顔出しマダイ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

次のページでオオモンハタがラッシュ!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。