エビラバ&ひとつテンヤで60cm級頭に良型マゴチが連続ヒット

エビラバ&ひとつテンヤで60cm級頭に良型マゴチが連続ヒット

福岡・糸島の岐志からプレジャーボートにて湾内へ釣行。短時間勝負、シャローでの釣りになりましたが、いろいろな魚種とたくさんのアタリがもらえた釣行をリポートします。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

プレジャーボートでエビラバ

テンヤは軽いオモリを使用し、ゆっくり落として誘う釣りなのですが、ウネリが強くアタリが取りにくいと断念し、近場で短時間勝負という条件で、タイラバ釣行にて出船してきました。

朝方は波風が思ったよりも強かったため、深場までは出ず、少し様子を見て待機。徐々に波風ともに収まってきたため、水深15mくらいの浅瀬で釣りを開始しました。

エビラバ&ひとつテンヤで60cm級頭に良型マゴチが連続ヒットタックル図(作図:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

いつもの釣り場より浅瀬のポイントで船長より、一度やってみようということで指示があり早速釣り開始。60gのオモリをつけ、エビを買ってきていたので今回はエビラバにて挑戦。シャローでのエビラバ、エビをつけたためスカートは少なめにし、ハリは小バリを使用しました、ネクタイは安定的に釣れるカラーのオレンジを使用。

嬉しいマゴチ登場

開始10分もたたないところでコツンコツン、ググググーッと持っていくようなアタリ。サオ先を叩いてないのでタイではないようですが良い引きです。慎重に巻き上げていくと浮かんできたのは黒い魚体、これはなんだと上がってきたのはマゴチ!しかもかなり良いサイズ。海底が砂地のためかマゴチがいました。かなり嬉しいゲストです。

エビラバ&ひとつテンヤで60cm級頭に良型マゴチが連続ヒットマゴチが上がった(提供:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

ひとつテンヤにもヒット

同船者の田中さんは、波が収まってきたためテンヤ仕掛けにて狙っていました。

軽い15g程度のひとつテンヤ仕掛けにエビをまっすぐつけます。海底に着底したらサオを高く上げてゆっくり落として誘います。タナを探りながら上からふわふわっとエビが落ちてくるイメージで誘います。すると田中さんにもヒット、続けて上がってきたのは、またまたマゴチ。どうやらマゴチのポイントに入ったようです。

マダイ&サワラも顔見せ

波風が収まってきたタイミングで少し深場の水深20mラインに移動。すると早速、私に叩くようなアタリ。これは間違いなくタイです。上がってきたのはサイズはかわいいサイズだったのですが、きれいなピンクのマダイでした。次はサイズアップを狙います。

私は何度もアタリがあるのですが、なかなか乗ってきません。エビラバで誘っていたのですが、エビをつけているから即アワセなのか?タイラバなのでアタリが合っても巻き続けるのか?これに迷い続け何度もバラしてしまいました。

エビラバ&ひとつテンヤで60cm級頭に良型マゴチが連続ヒットサワラもヒット(提供:週刊つりニュース西部版・赤堀泉)

そして、田中さんは巻き上げ中にいきなりガツンと来ました。上がってきたのはサワラ。シャローにも大きないろんな魚種がいることにびっくり。

次のページで60cmマゴチ追加&大物ヒット!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。