プロが教える「旬魚」の目利き:アナゴ グラマー体型は下半身が美味?

プロが教える「旬魚」の目利き:アナゴ グラマー体型は下半身が美味?

捌くのには少々テクニックが必要なアナゴは買うのが一番?今回はおいしいアナゴの見分け方を、奈良県中央卸売市場の丸中水産株式会社勤務の著者が紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

有吉紀朗

1967年兵庫県明石市生まれ。奈良県在住。水産系の学校出身で仕事も水産系。小型船舶免許も高校生で取得。釣り歴40年以上だけど下手の横好きで自分が釣れれば誰でも釣れる。

×閉じる

その他 サカナ研究所

江戸前アナゴが一番?

アナゴ(マアナゴ)は1年中そう味はかわらない。アナゴというと江戸前が一番と言うのが定説で実際そうなのだろうが、私は食べたことがない。行ったことも食べたこともないが、羽田沖のアナゴが一番と聞いたことがある。東京というと江戸前ではなく福神岡の場や日吉場と言った江戸沖合しか訪れたことがないので、行って食べてみたい。

関西ではアナゴと言うと焼きアナゴだが、関東では煮アナゴが主流。関東では背開き、関西では腹開きというのも面白い。

プロが教える「旬魚」の目利き:アナゴ グラマー体型は下半身が美味?関西は腹開き(提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

マアナゴ以外のアナゴ

アナゴと言うとマアナゴが一般的だったが、最近では色々なアナゴがいる。イラコアナゴやマルアナゴがマアナゴの代用品で出回っているが、イラコアナゴはホラアナゴ科の深海魚で、宮城を中心とした三陸から入荷する。スーパーで売っているアナゴのかば焼きで安価なものはこのイラコアナゴが多い。

プロが教える「旬魚」の目利き:アナゴ グラマー体型は下半身が美味?イラコアナゴのかば焼き(提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

マルアナゴもマアナゴの代用品で、ペルーから冷凍で入荷するウミヘビ科の魚。と書くと気持ち悪がる人もいるがウナギ目であるし、ヘビというイメージが悪いだけで爬虫類でなく魚類なのだ。

代用魚が多い理由

なぜ、このような代用魚が多いのかは、マアナゴの資源量の減少である。昔は近所の魚の棚商店街にも焼きアナゴ専門店があったがなくなったし、大阪のプライドフィッシュであるアナゴだけれど府下にある専門店では韓国産を使わなければ供給が間に合わないという。泉州でデンスケと呼ぶ良型アナゴは特に少ない。

美食家の北大路魯山人は大阪堺のアナゴが一番とも言っており、実際アナゴ筋といった加工業者が集まった露地もあるほど、兵庫県南部や大阪の食文化からアナゴは外せない。しかし、10年前の漁獲量と比べて1割しか獲れないのが現状。近年養殖もおこなわれているが需要を賄えるほどではない。

プロが教える「旬魚」の目利き:アナゴ グラマー体型は下半身が美味?上は三重産、下は長崎産を大阪で開いたもの(提供:TSURINEWSライター有吉紀朗)

アナゴに関する豆知識

アナゴの産卵場所は最近、パラオ海嶺付近と言うのがやっとわかったという具合に内湾に生息して身近な魚の割に謎が多い。はるばる何千キロも泳いで産卵して葉型幼体(のれそれ)が赤道反流や小笠原海流に乗って内海に到着、変態するというのは壮大なはなしである。とともに春先に入荷する、のれそれが不憫にも思う。渤海湾などの黄海のアナゴはどこで産卵するのだろう?

市場に入荷するアナゴはすでに開いて入荷するアナゴが多い。うな肝がおいしいので自分としては肝も食べてみたいのだが、まだ食べたことがない。

ただウナギと同じでアナゴも血液に毒がある。とはいうものの体重60kgの人が1Lの血を飲むと致死量だそうで、間違って飲むことはないし醤油やソースでも1Lも飲めば死ぬと思う。

次のページでアナゴの目利きを紹介

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。