テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタも

テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタも

外房大原のつる丸でテンヤマダイ釣りを楽しみました。釣果はマダイ3尾にイシガキダイ1尾。終始アタリがあって満足の釣行となった当日の模様をリポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

つる丸でテンヤマダイ

9月10日(金)、外房大原のつる丸からテンヤマダイ釣りに行ってきました。午後出船なので朝はゆっくり。いつも明るい若女将が笑顔で出迎えてくれ、受け付けを済ませたら、港で午前船の帰りを待ちます。

戻ってきた釣り人のクーラーボックスはイサキでいっぱい。「マダイも釣れるといいな」と、期待を膨らませながら出船。

テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタも出船場所(作図:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

添加剤でエサをカスタム

ポイントへ向かう時間を利用して、船宿から支給されたエビエサを、エサ持ちがアップするという添加剤に漬け込みます。

航程約20分で釣り場到着。エビを漬けた液体を捨てたら、さらに、粉末タイプのアミノ酸を振りかけ、摂餌効果アップを狙います。

テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタも添加剤でエサ持ちアップ(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

釣り方とタックル

まず、使用したテンヤは赤金色の8号。丁寧にエサを付け、久しぶりの釣りにワクワクの1投目。

水深約18m、海底まで仕掛けを落として着底したら1m巻き上げ、チョンチョンと、エビが生きているように、ゆっくり誘います。アタリがなければ、スーッと上まで竿先を上げ、今度はゆっくりとテンションを掛けながら竿を下げます。

エビが跳ねたり、落ちてくるような海中での動きを想像しながらアクションを加えながらの繰り返し。

テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタもテンヤマダイタックル例(作図:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

小型ながら本命ゲット

釣り開始から30分ほどたったころ、ココンッと小さなアタリを感じたので即アワセ。すると無事ヒット。

「ゆっくり巻いてね~」と、船長の言葉を守りながら巻き上げてくると、海面にピンクのシルエット。「バレないで~っ」と、小型ながら本命を抜き上げました。

テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタもアワセが決まって本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

サイズアップに成功

「よ~し、この調子で釣るぞぉ~」と意気込んで、エサを付け直して再投入。しばらくすると、潮流で仕掛けが流されるようになったので、面倒がらず、1回1回テンヤを回収してはエサ点検して打ち返していきます。

すると、今度は着底してすぐにググンッと大きなアタリでサイズアップに成功!久しぶりに味わう、マダイ特有のトントントンッと叩くような引きは本当に気持ちいいです。

テンヤマダイ釣りで本命3尾 船中好ゲストにイシガキダイやマハタも同乗者に綺麗な魚体の本命(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

次のページでは嬉しいゲストにイシガキダイ登場

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。