『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選

確実に魚がいるのに、釣れない。条件十分、何なら魚の姿さえ見える、ライズだってしている。それでもダメ。ライトゲームにおいて「渋すぎる日」、どう釣ればいいのだろうか。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・中西)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

いるのになぜか釣れない日

釣り人なら誰もが経験しているはずだ。間違いなくそこに魚がいるのに、どういうわけか釣れない。すべての手数を試しても、ダメ。なぜか、うーん。どうしよう、と唸るばかり。

原因としてあり得るのが、何らかの理由でプレッシャーがかかっている、ということだ。何らかの理由、というと、人的プレッシャーや、ライトゲームならば捕食者のスイッチが入ってしまっている、など。特に前者、すでに先行者にたたかれてスレている、十分ありえることだ。しかし、自分が明らかにその日の一番乗りの釣り手であっても、ダメな日はある。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選気配はあるのに釣れない海(提供:TSURINEWSライター井上海生)

そういう場合も、筆者は、基本的に原因は、スレなのかな、と思う。

自身の経験から言うと、以前、バス釣りをしていたころに、およそ誰にも打たれていないだろうバージンポイントを見つけた。もうバスがうようよいる。案の定、ポッパーを打つとアクションさせる前に飛びついてきた。しかし、その1匹を釣ってしまうと、見えている魚が何をやっても反応しなくなった。それくらい、魚の学習能力は概して非常に高いのだ。

つまり、1投、2投、として釣れないときは、その日は魚の警戒心がめちゃくちゃ高い状態で、一発で見切ってしまう。だから何をやっても釣れないのだろう、という仮説が立つ。

とはいえ、それでも、次の5つの方法で、なんとか魚をだましだまし釣ることは可能だ。

1.ヘッドを軽くする

ライトゲームの場合、ジグヘッドのウェイトを軽くすることで、簡単に釣れ始めることもある。ショートバイトが散発的にあり、どうも魚の活性が低くて食いが立たないらしいときには、同時にワームを小さくすることも有効だ。これで特にアジのようなエサ吸い込み系の魚は、食いやすくなる。

ただ、逆にヘッドを重くした方がいいこともある。これはフォールスピードでスイッチを入れる、というイメージなのだが、少しマニアックな話になるので別の機会に詳述したい。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選ヘッドを軽くすると丸のみ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

2.ラインを細くする

メインライン本線をなるべく細く、細く。普段PEライン0.3号ならば、低活性時用に0.2号、何なら0.1号までかえスプールに準備していく。目が利くメバルは特にイトを見切る魚だといわれるので、本線を細くすることで、アタリが出始めることはよくある。

次のページでは残りの対処法3つを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。