『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選

確実に魚がいるのに、釣れない。条件十分、何なら魚の姿さえ見える、ライズだってしている。それでもダメ。ライトゲームにおいて「渋すぎる日」、どう釣ればいいのだろうか。

(アイキャッチ画像撮影:TSURINEWS編集部・中西)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

3.リーダーを細くする

これもメインライン本線と同様の考え方で、リーダーもなるべく細く、細く。2lb、1.5lbくらいまで落としてみる。とにかくラインシステムをナチュラルに水に溶け込ませるのだ。

4.スナップを取り外す

これにはアングラーにより個別の考え方があるようだが、スナップを取り外すことも、特にライトゲームにおいては激渋状況打開の有効な手だといわれる。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選スナップも食いに影響?(提供:TSURINEWSライター井上海生)

筆者もそう感じている。スナップそのものが魚に見られている可能性は低く、どちらかといえば、ヘッドのナマリ部分を見られていて、スナップのシルエットは無関係ではないかと思うのだが、リグをシェイクしたときや、リグが海流で揺れるときに、スナップに水の抵抗がかかって不自然な波動が出たり、音が鳴ったりするのかもしれない……(あくまで推測です)。

5.反応する魚にシフトする

確実にそこに魚がいるのに反応してくれない。激渋状況でアングラーがやってしまいがちなのが、上述したようなナイーブな細工を施して、魚に「なんとか食べてくださいよ」とお願いような釣り方である。これが実際に有効なときも多い。だが「お願い」ベースを、まったく逆に切り替える方法もある。つまり「こっちの釣り方で食えよ」と強気にいくのだ。

アングラーなら、自分の魚の釣り方はこれ、という各自の基本スタイルがあるはずだ。その手に反応する魚を照準にする。つまり、確実にそこにいるはずなのに口を使わない魚には合わせない。スパンと見切って移動し、自分の釣り方に反応する魚を探す。ラン&ガンだ。

『ライトゲーム』ステップアップ解説:魚がいるのに釣れない時の対策5選強気の釣りも試す価値あり(提供:TSURINEWSライター井上海生)

1匹釣れたらパターン分析

確実に魚がそこにいるのに渋すぎる日は、上記のような手を尽くして、反応した魚の食い方を分析したい。コース、レンジ、アクション、ヘッドのウェイト、ワームのシルエット……それがともあれ、ひとつのヒントになる。再現性があるか分析し、激渋状況を打開したい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。