船タコ釣り攻略 タコエギ&テンヤ仕掛けへの工夫と誘いが重要!

船タコ釣り攻略 タコエギ&テンヤ仕掛けへの工夫と誘いが重要!

全国的に人気の船でのタコ釣り。釣趣も食味も楽しめる釣り物で、タコがエギやテンヤに乗ったときのズシッという重みは癖になります。今回はそんな船のタコ釣りの基本的なタックルや、釣り方、仕掛けのカスタムなどを解説します。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 林良一)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

船マダコの釣り方

3つの仕掛けに共通した基本的な釣り方ですが、仕掛けを投入し着底したら誘いを入れ続けながらアタリを待ちます。投入時はキャストして広範囲に探る方が、タコに仕掛けを見つけて貰える確率が上がるため効果的ですが、釣り客が多くオマツリしそうな状況や根掛かりが多いポイントなどでは船下を探るほうが良いでしょう。

誘い方

どの仕掛けでも小突く誘いが重要になります。エギやテンヤを投入して着底、オモリが寝ている状態でラインを張り、オモリ(テンヤ仕掛けならテンヤ自体)が立つ、寝るを繰り返すように小突きます。小突きは1秒間に2度ほどのペースで、オモリが海底を離れないように心掛けましょう。キャストした場合は、手前に探りながら誘ってきます。

根が荒いポイントで、潮が速くラインが斜めになる状況であれば、あまり長い時間底に仕掛けを置きながら誘うと海底でエギやテンヤがスライドするように引かれて動き、根掛かりの原因になります。そういった状況なら一定時間誘ったらリフトアンドフォールのように底を切って手前に仕掛けを移動させ、また一定時間誘うというような動作を繰り返すといいです。

アタリとアワセ

アタリは、エギを小突くコツコツ感、スイベルのガチャガチャ感が次第に消えていき、ロッドにもヌッと軟らかい餅がエギにのし掛かってくるような重さが加わります。アタリがあっても即アワセはNGで、しっかりとタコがエギを抱くまで5秒程度そのまま小突き続けてから大きくアワセを入れます。

掛かったらテンションを緩めずに水面まで巻き上げましょう。取り込み時は中型以上の抜き上げはバラシの原因になるため、タモでのサポートを頼みましょう。

釣れたあとの下処理

釣れたタコはそのままバケツに入れておくと必ず脱走するので、洗濯ネットなどに閉じ込めておくか、クーラーボックスに入れてしまうといいです。持ち帰ったあとは茹でる前にぬめりを塩で揉み、取り除く必要があります。

この下処理がなかなか大変な作業ですが、裏技としては生のまま一匹ずつ袋に入れ一度冷凍し、食べるときに半解凍状態で下処理を行うと、ぬめりが取りやすくなるのでオススメです。

<週刊つりニュース関東版編集部/TSURINEWS編集部>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。